Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 河野 与一(こうの よいち、1896年(明治29年)9月12日 - 1984年(昭和59年)7月6日)は、日本の哲学者、翻訳家。與一とも表記する。神奈川県生まれ。神戸で育ち、神戸一中から東京帝国大学哲学科卒。暁星中学校教師、第三高等学校教授、法政大学教授を経て、1927年(昭和2年)から東北帝国大学助教授。1946年(昭和21年)に教授となるが、1950年(昭和25年)に退官し、岩波書店の顧問として迎えられる。多数の言語に通じ、フランス文学、哲学、古典語を講じた。1957年(昭和32年)、『プルターク英雄伝』の原典訳で読売文学賞を授賞されるが辞退した。また『アミエルの日記』の全訳も、河野一人が成し遂げた。夫人河野多麻は『うつほ物語』の注釈で知られる平安朝文学研究者。言語学者の河野六郎は弟。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1109731 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9778 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 60 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56617201 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 河野 与一(こうの よいち、1896年(明治29年)9月12日 - 1984年(昭和59年)7月6日)は、日本の哲学者、翻訳家。與一とも表記する。神奈川県生まれ。神戸で育ち、神戸一中から東京帝国大学哲学科卒。暁星中学校教師、第三高等学校教授、法政大学教授を経て、1927年(昭和2年)から東北帝国大学助教授。1946年(昭和21年)に教授となるが、1950年(昭和25年)に退官し、岩波書店の顧問として迎えられる。多数の言語に通じ、フランス文学、哲学、古典語を講じた。1957年(昭和32年)、『プルターク英雄伝』の原典訳で読売文学賞を授賞されるが辞退した。また『アミエルの日記』の全訳も、河野一人が成し遂げた。夫人河野多麻は『うつほ物語』の注釈で知られる平安朝文学研究者。言語学者の河野六郎は弟。
rdfs:label
  • 河野与一
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of