Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 河崎 なつ(かわさき なつ、1889年6月25日 - 1966年11月16日)は、奈良県五條市出身の政治家、女性解放運動家、評論家、教師。「母親がかわれば社会がかわる」を唱えて第二次世界大戦後の日本社会党の議員を務め、女性差別や働く母親の権利といった女性の問題と戦った。また教師も務めており、西村伊作、与謝野夫婦(与謝野鉄幹、与謝野晶子)らと共に文化学院を創立し、自らも国語の授業を行った。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2029356 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1739 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56801244 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 河崎 なつ(かわさき なつ、1889年6月25日 - 1966年11月16日)は、奈良県五條市出身の政治家、女性解放運動家、評論家、教師。「母親がかわれば社会がかわる」を唱えて第二次世界大戦後の日本社会党の議員を務め、女性差別や働く母親の権利といった女性の問題と戦った。また教師も務めており、西村伊作、与謝野夫婦(与謝野鉄幹、与謝野晶子)らと共に文化学院を創立し、自らも国語の授業を行った。
rdfs:label
  • 河崎なつ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of