Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 沖縄教職員会(おきなわきょうしょくいんかい)とは、復帰前の沖縄において、教職員の経済的・社会的地位の向上を図るために組織された団体である。現在の沖縄県教職員組合の前身であるが、校長などの管理職も包含しており、いわゆる労働組合(職員団体)ではない。1947年に結成された「沖縄教育連合会」が前身で、1952年に「沖縄教職員会」に改称した。初代会長は屋良朝苗である。その後、祖国復帰運動の中心団体として大いに活躍した。1968年の行政主席選挙で会長の屋良朝苗が当選したため、喜屋武真栄が新たに会長に就任した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 817447 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 624 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50619085 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --01-10
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 沖縄おきなわきようしよくいんかい
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 沖縄教職員会(おきなわきょうしょくいんかい)とは、復帰前の沖縄において、教職員の経済的・社会的地位の向上を図るために組織された団体である。現在の沖縄県教職員組合の前身であるが、校長などの管理職も包含しており、いわゆる労働組合(職員団体)ではない。1947年に結成された「沖縄教育連合会」が前身で、1952年に「沖縄教職員会」に改称した。初代会長は屋良朝苗である。その後、祖国復帰運動の中心団体として大いに活躍した。1968年の行政主席選挙で会長の屋良朝苗が当選したため、喜屋武真栄が新たに会長に就任した。
rdfs:label
  • 沖縄教職員会
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of