Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 沖積平野(ちゅうせきへいや、alluvial plain)は主に河川による堆積作用によって形成される平野の一種。海浜堆積物によって形成される海岸平野と区別される。河川の流速が減じて運搬された土砂が氾濫原や河口、さらに沖合にかけて堆積して平野となる。沖積平野のうち、主に第四紀完新世以降の海水準変動に伴う海進期に沖合の海底に堆積した部分が、その後の海退によって陸化したものを’海成平野’、河川による堆積が現在も継続しているものを’河成平野’と分類することがある。沖積平野を沖積低地や沖積地とも呼ぶことがある。上流から下流に向かって、扇状地、自然堤防帯、三角州の順に配列される(沖積平野の三分類)。沖積平野の地層は’沖積層’と呼ばれる。形成年代が若く締め固まっておらず、地下水面も高く水分に富むため軟弱地盤が広く分布している。一般には水害の危険が高いが利水しやすく、肥沃で平らであるため農耕に適する。多くの文明が沖積平野で発祥している。日本においては、狭義の沖積平野だけでなく、完新世において海底に土砂が堆積しそれが隆起してできた海岸平野も含めて沖積平野という。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 12469 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1561 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57276005 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 沖積平野(ちゅうせきへいや、alluvial plain)は主に河川による堆積作用によって形成される平野の一種。海浜堆積物によって形成される海岸平野と区別される。河川の流速が減じて運搬された土砂が氾濫原や河口、さらに沖合にかけて堆積して平野となる。沖積平野のうち、主に第四紀完新世以降の海水準変動に伴う海進期に沖合の海底に堆積した部分が、その後の海退によって陸化したものを’海成平野’、河川による堆積が現在も継続しているものを’河成平野’と分類することがある。沖積平野を沖積低地や沖積地とも呼ぶことがある。上流から下流に向かって、扇状地、自然堤防帯、三角州の順に配列される(沖積平野の三分類)。沖積平野の地層は’沖積層’と呼ばれる。形成年代が若く締め固まっておらず、地下水面も高く水分に富むため軟弱地盤が広く分布している。一般には水害の危険が高いが利水しやすく、肥沃で平らであるため農耕に適する。多くの文明が沖積平野で発祥している。日本においては、狭義の沖積平野だけでなく、完新世において海底に土砂が堆積しそれが隆起してできた海岸平野も含めて沖積平野という。
rdfs:label
  • 沖積平野
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of