Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 沈 葆楨(しん ほてい、1820年 - 1879年、字は翰宇・幼丹)は、清末の官僚。妻の林普晴は林則徐の娘。沈瑋慶、沈瑩慶、沈瑜慶、沈璘慶、沈璿慶、沈瑤慶、沈琬慶の父。変法運動の支持者の1人林旭は孫娘沈鵲応の夫で、中華民国の外交官沈覲鼎は曾孫に当たる。福建省閩侯県出身。清末の洋務運動で中心的な役割を果たし、総理船政大臣及び南洋通商大臣を歴任した。台湾出兵(牡丹社事件)の際には欽差大臣として台湾に赴任し軍務を監督した。また任期内に台南市二鯤鯓砲台の修復を行なうと共に、漢人の渡台禁令を解除している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 819432 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3422 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 124 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59073338 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 沈 葆楨(しん ほてい、1820年 - 1879年、字は翰宇・幼丹)は、清末の官僚。妻の林普晴は林則徐の娘。沈瑋慶、沈瑩慶、沈瑜慶、沈璘慶、沈璿慶、沈瑤慶、沈琬慶の父。変法運動の支持者の1人林旭は孫娘沈鵲応の夫で、中華民国の外交官沈覲鼎は曾孫に当たる。福建省閩侯県出身。清末の洋務運動で中心的な役割を果たし、総理船政大臣及び南洋通商大臣を歴任した。台湾出兵(牡丹社事件)の際には欽差大臣として台湾に赴任し軍務を監督した。また任期内に台南市二鯤鯓砲台の修復を行なうと共に、漢人の渡台禁令を解除している。
rdfs:label
  • 沈葆テイ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of