Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 池田 斉成(いけだ なりしげ、文化6年11月3日(1809年12月9日) - 文政9年8月13日(1826年9月14日))は、備前国岡山藩の世嗣。5代藩主・池田治政の三男・池田政芳の長男。官位は紀伊守、侍従。伯父で6代藩主・池田斉政の長男の斉輝が早世したため、斉政の養子となり、彼同様に将軍徳川家斉の偏諱を受け斉成と名乗る。しかし、家督相続前の文政9年(1826年)に17歳で早世した。代わって、薩摩藩主島津家から斉敏が養子に迎えられ嫡子となり、家督を継いだ。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1480252 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 504 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49247049 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 池田 斉成(いけだ なりしげ、文化6年11月3日(1809年12月9日) - 文政9年8月13日(1826年9月14日))は、備前国岡山藩の世嗣。5代藩主・池田治政の三男・池田政芳の長男。官位は紀伊守、侍従。伯父で6代藩主・池田斉政の長男の斉輝が早世したため、斉政の養子となり、彼同様に将軍徳川家斉の偏諱を受け斉成と名乗る。しかし、家督相続前の文政9年(1826年)に17歳で早世した。代わって、薩摩藩主島津家から斉敏が養子に迎えられ嫡子となり、家督を継いだ。
rdfs:label
  • 池田斉成
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of