Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 本項江東区の町名(こうとうくのちょうめい)では、東京都江東区に存在する、または過去に存在した町名を一覧化するとともに、明治時代初期以来の区内の町名の変遷について説明する。当区では、西部の深川地区は早くから町地化が進んだが、大正12年(1923年)の関東大震災による被害が甚大で、その後の復興、区画整理に伴い、昭和初期(1931 – 1934年)に大幅な町名変更が行われた。一方、東部の亀戸・大島(おおじま)・砂町地区は、明治11年(1878年)の町村制施行から昭和7年(1932年)の城東区成立までは南葛飾郡に属していた。これら両地区の南に位置する臨海部は明治以降に造成された埋立地である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2252774 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 19837 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 81 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48571519 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 本項江東区の町名(こうとうくのちょうめい)では、東京都江東区に存在する、または過去に存在した町名を一覧化するとともに、明治時代初期以来の区内の町名の変遷について説明する。当区では、西部の深川地区は早くから町地化が進んだが、大正12年(1923年)の関東大震災による被害が甚大で、その後の復興、区画整理に伴い、昭和初期(1931 – 1934年)に大幅な町名変更が行われた。一方、東部の亀戸・大島(おおじま)・砂町地区は、明治11年(1878年)の町村制施行から昭和7年(1932年)の城東区成立までは南葛飾郡に属していた。これら両地区の南に位置する臨海部は明治以降に造成された埋立地である。
rdfs:label
  • 江東区の町名
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of