Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 江戸の火事(えどのかじ)とは、日本の江戸時代に江戸で発生した火事である。「火事と喧嘩は江戸の花」という言葉が残り、現代では江戸が「火災都市」と呼称されるほど、頻繁に発生した。大火が頻発し、都市の広大な市街地を繰り返し焼き払った史実は、世界でも類例がないとされる。江戸の火事は祝融や回禄とも呼ばれ、大火の様相を紅葉に見立てることもあった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 270926 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 22189 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 333 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58459283 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 江戸の火事(えどのかじ)とは、日本の江戸時代に江戸で発生した火事である。「火事と喧嘩は江戸の花」という言葉が残り、現代では江戸が「火災都市」と呼称されるほど、頻繁に発生した。大火が頻発し、都市の広大な市街地を繰り返し焼き払った史実は、世界でも類例がないとされる。江戸の火事は祝融や回禄とも呼ばれ、大火の様相を紅葉に見立てることもあった。
rdfs:label
  • 江戸の火事
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of