Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 江刺 昭子(えさし あきこ、1942年2月18日 - )は、日本の評伝作家、女性史研究家。岡山県に生まれ、広島県(呉市、広島市)で育つ。旧姓大川。高校の文芸部の企画で郷里の作家大田洋子を知り、大学在学中に大田宅に下宿している時に大田の急死に遭遇する。早稲田大学教育学部国語国文科卒業。卒論は田村俊子。文化出版局「ミセス」編集部に7年間勤めた後、1971年よりフリーランスライターに。1972年、原爆を被爆した大田洋子の評伝『草饐(くさずえ)』で第12回田村俊子賞を受賞。2004年、第10回横浜文学賞受賞。2010年、第59回神奈川文化賞受賞。1981年から日本エディター・スクールの講師を務め、基本文章コースとジャーナリズム文章コースを担当している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 30657 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1707 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56840329 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 江刺 昭子(えさし あきこ、1942年2月18日 - )は、日本の評伝作家、女性史研究家。岡山県に生まれ、広島県(呉市、広島市)で育つ。旧姓大川。高校の文芸部の企画で郷里の作家大田洋子を知り、大学在学中に大田宅に下宿している時に大田の急死に遭遇する。早稲田大学教育学部国語国文科卒業。卒論は田村俊子。文化出版局「ミセス」編集部に7年間勤めた後、1971年よりフリーランスライターに。1972年、原爆を被爆した大田洋子の評伝『草饐(くさずえ)』で第12回田村俊子賞を受賞。2004年、第10回横浜文学賞受賞。2010年、第59回神奈川文化賞受賞。1981年から日本エディター・スクールの講師を務め、基本文章コースとジャーナリズム文章コースを担当している。
rdfs:label
  • 江刺昭子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of