Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 汎スラヴ色(はんスラヴしょく)とは、スラヴ民族および、スラヴ諸国の旗に用いられる赤、青、そして白色からなる配色のことをさす。この配色は自由と革命の理想を象徴しており、非スラヴ系においても国旗として使用する国もある。汎スラヴ色はスラヴ民族の共通の起源を象徴するものとして、第一回汎スラヴ会議(1848年)に提案された。もともとはロシア帝国の三色旗を端緒としており、これが19世紀ヨーロッパにおける汎スラヴ運動に採用された。(ロシアの国旗も参照。)フランスのトリコロール発祥の三色旗とは異なり、汎スラヴ主義の三色は横分けで配置するのが原則である。ブルガリアの国旗も同様に汎スラヴ色に分類されるが農業を表す緑を青の代わりに用いている。またモンテネグロの国旗も2004年に変更されるまでは汎スラヴ色が使用されていた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1007630 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2552 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 51 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58109775 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --02-01
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:範囲
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 汎スラヴ色(はんスラヴしょく)とは、スラヴ民族および、スラヴ諸国の旗に用いられる赤、青、そして白色からなる配色のことをさす。この配色は自由と革命の理想を象徴しており、非スラヴ系においても国旗として使用する国もある。汎スラヴ色はスラヴ民族の共通の起源を象徴するものとして、第一回汎スラヴ会議(1848年)に提案された。もともとはロシア帝国の三色旗を端緒としており、これが19世紀ヨーロッパにおける汎スラヴ運動に採用された。(ロシアの国旗も参照。)フランスのトリコロール発祥の三色旗とは異なり、汎スラヴ主義の三色は横分けで配置するのが原則である。ブルガリアの国旗も同様に汎スラヴ色に分類されるが農業を表す緑を青の代わりに用いている。またモンテネグロの国旗も2004年に変更されるまでは汎スラヴ色が使用されていた。
rdfs:label
  • 汎スラヴ色
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of