Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『氷点』(ひょうてん)は、クリスチャン作家三浦綾子の小説。『朝日新聞』朝刊に1964年12月9日から1965年11月14日まで連載され、続編の『続氷点』が1970年5月12日から1971年5月10日まで連載された。なお、挿絵は福田豊四郎が担当した。1963年に朝日新聞社が、大阪本社創刊85年、東京本社創刊75周年を記念する事業として懸賞小説を募集した時の入選作品である。賞金は当時としては破格の1千万円であり、募集要領には「既成の作家、無名の新人を問わない」とあったが、実際に無名であった三浦の作品が入選したことは大きな話題となった。連載終了直後の1966年にテレビドラマ化および映画化され、以降繰り返し映像化されている。なお、一千万円懸賞小説でこれ以外の入賞作品は「2席・山家慕情(志田石高)」、「2席・享保長崎記(山脇悌二郎)」「2席・異郷の人(高木俊朗)」などであった。継母による継子いじめ、義理の兄妹間の恋愛感情などの大衆的な要素を持つ一方、キリスト教の概念である「原罪」が重要なテーマとして物語の背景にある。続編のテーマは罪に対する「ゆるし」であり、これらのテーマには三浦の宗教的な立場が色濃く反映されている。物語の舞台となった旭川市の外国樹種見本林には、三浦綾子記念文学館があり、本作の資料も数多く展示されている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 119515 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16037 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 363 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59051271 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:2前番組
prop-ja:2放送局
prop-ja:2放送枠
prop-ja:2次番組
prop-ja:2番組名
  • 氷点
prop-ja:3前番組
prop-ja:3放送局
  • NET系
prop-ja:3放送枠
prop-ja:3次番組
prop-ja:3番組名
  • 続・氷点
prop-ja:4前番組
prop-ja:4放送局
prop-ja:4放送枠
prop-ja:4次番組
prop-ja:4番組名
  • 氷点
prop-ja:5前番組
prop-ja:5放送局
  • テレビ朝日系
prop-ja:5放送枠
prop-ja:5次番組
prop-ja:5番組名
  • 氷点2001
prop-ja:6前番組
  • R-17
prop-ja:6放送局
  • テレビ朝日系
prop-ja:6放送枠
  • 木曜20:54 - 21:00枠
prop-ja:6次番組
prop-ja:6番組名
  • 氷点2001
prop-ja:_
  • 1971 (xsd:integer)
  • 1981 (xsd:integer)
  • 2001 (xsd:integer)
  • ポーラ名作劇場
  • 韓国のドラマ映画
  • 木曜ドラマ
prop-ja:redirect
  • 氷点2001
  • 氷点81
  • 続・氷点
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:前番組
  • 1350.0
  • 1290.0
prop-ja:放送局
prop-ja:放送枠
  • 日曜22時枠
prop-ja:次番組
prop-ja:番組名
  • 氷点
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『氷点』(ひょうてん)は、クリスチャン作家三浦綾子の小説。『朝日新聞』朝刊に1964年12月9日から1965年11月14日まで連載され、続編の『続氷点』が1970年5月12日から1971年5月10日まで連載された。なお、挿絵は福田豊四郎が担当した。1963年に朝日新聞社が、大阪本社創刊85年、東京本社創刊75周年を記念する事業として懸賞小説を募集した時の入選作品である。賞金は当時としては破格の1千万円であり、募集要領には「既成の作家、無名の新人を問わない」とあったが、実際に無名であった三浦の作品が入選したことは大きな話題となった。連載終了直後の1966年にテレビドラマ化および映画化され、以降繰り返し映像化されている。なお、一千万円懸賞小説でこれ以外の入賞作品は「2席・山家慕情(志田石高)」、「2席・享保長崎記(山脇悌二郎)」「2席・異郷の人(高木俊朗)」などであった。継母による継子いじめ、義理の兄妹間の恋愛感情などの大衆的な要素を持つ一方、キリスト教の概念である「原罪」が重要なテーマとして物語の背景にある。続編のテーマは罪に対する「ゆるし」であり、これらのテーマには三浦の宗教的な立場が色濃く反映されている。物語の舞台となった旭川市の外国樹種見本林には、三浦綾子記念文学館があり、本作の資料も数多く展示されている。
rdfs:label
  • 氷点
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:前番組 of
is prop-ja:次番組 of
is foaf:primaryTopic of