Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 水郡 善之祐(にごり ぜんのすけ、文政9年12月12日(1827年1月9日) - 元治元年7月20日(1864年8月21日))は幕末の河内の大地主で勤皇の志士。天誅組河内勢の首魁。贈正五位。諱は長雄。姓は紀氏という。紀有常の後裔。喜田岩五郎の長男に生まれ、水郡神社の祠官となり氏を水郡と改める。豪農で伊勢国神戸藩の代官(大庄屋)を勤めたため士籍に列する。勤皇の志が強く、志士達を金銭的に援助していた。水郡家(喜田家)は代々勤皇の家で彼の祖父も幕政批判の咎で捕えられている。黒船来航以後、志士の動きに共鳴して京都に上るも、文久3年(1863年)「足利三代木像梟首事件」に関与し帰郷する。文久3年(1863年)8月17日の天誅組の挙兵に際しては、財政面で大きな貢献をしたのみならず、自らも息子英太郎(当時13歳)とともに参加、小荷駄奉行となっている。天誅組崩壊の後捕えられ、京都六角獄にて処刑された。死後勤皇の忠臣として、明治31年(1898年)に贈正五位を賜った。辞世の句は「皇國のためにぞつくすまごころは知るひとぞ知る神や知るらん」。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1056883 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 936 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58657664 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 水郡 善之祐(にごり ぜんのすけ、文政9年12月12日(1827年1月9日) - 元治元年7月20日(1864年8月21日))は幕末の河内の大地主で勤皇の志士。天誅組河内勢の首魁。贈正五位。諱は長雄。姓は紀氏という。紀有常の後裔。喜田岩五郎の長男に生まれ、水郡神社の祠官となり氏を水郡と改める。豪農で伊勢国神戸藩の代官(大庄屋)を勤めたため士籍に列する。勤皇の志が強く、志士達を金銭的に援助していた。水郡家(喜田家)は代々勤皇の家で彼の祖父も幕政批判の咎で捕えられている。黒船来航以後、志士の動きに共鳴して京都に上るも、文久3年(1863年)「足利三代木像梟首事件」に関与し帰郷する。文久3年(1863年)8月17日の天誅組の挙兵に際しては、財政面で大きな貢献をしたのみならず、自らも息子英太郎(当時13歳)とともに参加、小荷駄奉行となっている。天誅組崩壊の後捕えられ、京都六角獄にて処刑された。死後勤皇の忠臣として、明治31年(1898年)に贈正五位を賜った。辞世の句は「皇國のためにぞつくすまごころは知るひとぞ知る神や知るらん」。
rdfs:label
  • 水郡善之祐
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of