Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 水谷氏水谷氏(みずのやし)は、室町時代に結城氏に仕え、江戸時代に大名となった。以下で解説。水谷氏(みずがいし)は、相馬氏の家臣。水谷胤重などがいる。相馬郡の水谷の地が由来。常陸国の水谷氏(みずのやし)は、藤原秀郷 の流れをくむ一族。室町時代に下総結城氏の客分となり、戦国時代には常陸下館城を拠点に水谷正村(蟠竜斎)が活躍、関ヶ原の戦いの後には独立して近世大名となる。寛永16年(1639年)に備中成羽藩5万石へ、寛永19年(1642年)に備中松山藩5万石へと移封され、松山藩の基礎を築く。今も残る備中松山城の天守閣は、水谷氏による大修築の結果、現在の姿となったものである。元禄6年(1693年)水谷氏備中松山藩3代藩主・勝美に嗣子なく廃絶。勝美の弟勝時が旗本となり、旗本としての水谷家は明治維新を迎えるまで存続した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1153982 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5908 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 115 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53395362 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 水谷氏水谷氏(みずのやし)は、室町時代に結城氏に仕え、江戸時代に大名となった。以下で解説。水谷氏(みずがいし)は、相馬氏の家臣。水谷胤重などがいる。相馬郡の水谷の地が由来。常陸国の水谷氏(みずのやし)は、藤原秀郷 の流れをくむ一族。室町時代に下総結城氏の客分となり、戦国時代には常陸下館城を拠点に水谷正村(蟠竜斎)が活躍、関ヶ原の戦いの後には独立して近世大名となる。寛永16年(1639年)に備中成羽藩5万石へ、寛永19年(1642年)に備中松山藩5万石へと移封され、松山藩の基礎を築く。今も残る備中松山城の天守閣は、水谷氏による大修築の結果、現在の姿となったものである。元禄6年(1693年)水谷氏備中松山藩3代藩主・勝美に嗣子なく廃絶。勝美の弟勝時が旗本となり、旗本としての水谷家は明治維新を迎えるまで存続した。
rdfs:label
  • 水谷氏
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:氏族 of
is foaf:primaryTopic of