Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 水素化ヘリウムイオン(すいそかヘリウムイオン、英: helium hydride ion)は、気相においてヘリウムと陽子の反応によって生じるカチオンである。化学式は HeH+ で、1925年に初めて観察された。プロトン親和力は117.8 kJ/molで、既知の酸の中で最強である。このイオンは水素化ヘリウム分子イオンとも呼ばれ、自然に星間物質中に存在することが示唆されている。最もシンプルなヘテロ核イオンで、水素分子イオン H2+ に相当する。しかし H2+ とは異なり、HeH+ は永久双極子モーメントをもっており、そのことが赤外分光を容易にしている。
dbpedia-owl:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2342373 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8819 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 53 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56978888 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Helium-hydride-cation-3D-SF.png
prop-ja:imagename
  • Spacefill model of the helium hydride ion
prop-ja:imagesize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:systematicname
  • hydridohelium
prop-ja:watchedfields
  • changed
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 水素化ヘリウムイオン(すいそかヘリウムイオン、英: helium hydride ion)は、気相においてヘリウムと陽子の反応によって生じるカチオンである。化学式は HeH+ で、1925年に初めて観察された。プロトン親和力は117.8 kJ/molで、既知の酸の中で最強である。このイオンは水素化ヘリウム分子イオンとも呼ばれ、自然に星間物質中に存在することが示唆されている。最もシンプルなヘテロ核イオンで、水素分子イオン H2+ に相当する。しかし H2+ とは異なり、HeH+ は永久双極子モーメントをもっており、そのことが赤外分光を容易にしている。
rdfs:label
  • 水素化ヘリウムイオン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of