Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 水平対向エンジン(すいへいたいこうエンジン、Horizontally-opposed cylinder engine)とは、レシプロエンジンの形式の一つで、1本のクランクシャフトをはさんでシリンダーを左右に水平に配置し、対になるピストン同士が必ず向かい合うように下降か上昇するエンジンである。気筒配置や外形の似たエンジンとして180°V型エンジンがあり(詳細は後述)、広義にはこれを水平対向エンジンに含む場合がある。なお外観からこれら2形式を識別することは、極めて困難である。以下本項では、「水平対向エンジン」と「180°V型エンジン」とを区別して呼び、これらの総称としては「フラットエンジン(Flat engine)」と呼ぶ。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 106002 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13748 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 192 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59158265 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2016 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:範囲
  • 実際には微細レベルにおいて、偏磨耗は存在すると考えられるが、そもそもあらゆるレシプロ内燃機関では、シリンダーはクランクの屈折方向へ楕円磨耗する。これはクランクの角度によって、ピストンの力が常に垂直ではなく分散する為に起きるもので、特に2サイクルエンジンによく見られる"首振り"は、これに起因するものである。
  • シリンダーが横に寝ている形状のために、ピストンの重さによるシリンダー下部の偏磨耗が欠点と言われることがあるが、現実レベルで捉える場合、これは誤りである
  • こうした磨耗と比較して、ピストンの重さによる偏磨耗はあまりにも小さく、誤差範囲と呼べるほどのものと言ってよい。
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 水平対向エンジン(すいへいたいこうエンジン、Horizontally-opposed cylinder engine)とは、レシプロエンジンの形式の一つで、1本のクランクシャフトをはさんでシリンダーを左右に水平に配置し、対になるピストン同士が必ず向かい合うように下降か上昇するエンジンである。気筒配置や外形の似たエンジンとして180°V型エンジンがあり(詳細は後述)、広義にはこれを水平対向エンジンに含む場合がある。なお外観からこれら2形式を識別することは、極めて困難である。以下本項では、「水平対向エンジン」と「180°V型エンジン」とを区別して呼び、これらの総称としては「フラットエンジン(Flat engine)」と呼ぶ。
rdfs:label
  • 水平対向エンジン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:エンジン種類(プロペラ)_ of
is foaf:primaryTopic of