Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 水の江 瀧子(みずのえ たきこ、1915年2月20日 - 2009年11月16日)は、日本の女優、映画プロデューサー、タレント。1928年に東京松竹楽劇部(後の松竹少女歌劇部、松竹歌劇団)に第1期生として入団。日本の女性歌劇史上初めて男性様に断髪した男役で「男装の麗人」の異名を取り、「ターキー」の愛称と共に1930~40年代にかけて国民的人気を博した。1942年の松竹退団後は劇団主宰、映画女優などを経て1955年に日活とプロデューサー契約。日本初の女性映画プロデューサーとなり、石原裕次郎を筆頭に、浅丘ルリ子、長門裕之、岡田真澄、和泉雅子、赤木圭一郎ら数々の俳優や、中平康、蔵原惟繕といった監督を発掘・育成し、『太陽の季節』、『狂った果実』など70本以上の映画を企画、日活の黄金時代を支えた。また、『NHK紅白歌合戦』の司会を2度務めたほか、『ジェスチャー』、『独占!女の60分』といった番組に携わった。50年以上に渡り芸能活動を続けたが、1984年に甥の三浦和義が妻の不審死に関わったのではないかとしてマスメディアを賑わせた「ロス疑惑」のスキャンダルに巻き込まれ、芸能界を引退。その後は隠居の傍らジュエリー作家として活動したほか、1993年に自身の生前葬を大々的に催し話題をとった。出生名は三浦ウメ子であったが、ロス疑惑の後、法的に水の江瀧子を本名とした。以下の経歴部分では、松竹入団までをウメ子、入団後を瀧子と記述する。「水ノ江」や「滝子」との表記も多くあるが、引用部分を除き「水の江瀧子」で統一して記述する。
dbpedia-owl:birthYear
  • 1915-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathYear
  • 2009-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:notableWork
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 188652 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 35963 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 366 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58060419 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ふりがな
  • みずのえたきこ
prop-ja:主な作品
  • 舞台
  • 『タンゴ・ローザ』(1933年)
  • 『太陽の季節』(1956年)
  • 『狂った果実』(1956年)
  • 『花くらべ狸御殿』(1949年)
  • 映画企画(制作)
  • 映画出演
prop-ja:出生地
prop-ja:別名義
  • ターキー
prop-ja:本名
  • 三浦ウメ子→水の江瀧子
prop-ja:没年
  • 2009 (xsd:integer)
prop-ja:没日
  • 16 (xsd:integer)
prop-ja:没月
  • 11 (xsd:integer)
prop-ja:活動期間
  • 1928 (xsd:integer)
prop-ja:生年
  • 1915 (xsd:integer)
prop-ja:生日
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:生月
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:画像コメント
  • 1936 (xsd:integer)
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • Mizunoe takiko 1936.jpg
prop-ja:職業
  • 女優・映画プロデューサー・タレント
prop-ja:芸名
  • 水の江瀧子
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 水の江 瀧子(みずのえ たきこ、1915年2月20日 - 2009年11月16日)は、日本の女優、映画プロデューサー、タレント。1928年に東京松竹楽劇部(後の松竹少女歌劇部、松竹歌劇団)に第1期生として入団。日本の女性歌劇史上初めて男性様に断髪した男役で「男装の麗人」の異名を取り、「ターキー」の愛称と共に1930~40年代にかけて国民的人気を博した。1942年の松竹退団後は劇団主宰、映画女優などを経て1955年に日活とプロデューサー契約。日本初の女性映画プロデューサーとなり、石原裕次郎を筆頭に、浅丘ルリ子、長門裕之、岡田真澄、和泉雅子、赤木圭一郎ら数々の俳優や、中平康、蔵原惟繕といった監督を発掘・育成し、『太陽の季節』、『狂った果実』など70本以上の映画を企画、日活の黄金時代を支えた。また、『NHK紅白歌合戦』の司会を2度務めたほか、『ジェスチャー』、『独占!女の60分』といった番組に携わった。50年以上に渡り芸能活動を続けたが、1984年に甥の三浦和義が妻の不審死に関わったのではないかとしてマスメディアを賑わせた「ロス疑惑」のスキャンダルに巻き込まれ、芸能界を引退。その後は隠居の傍らジュエリー作家として活動したほか、1993年に自身の生前葬を大々的に催し話題をとった。出生名は三浦ウメ子であったが、ロス疑惑の後、法的に水の江瀧子を本名とした。以下の経歴部分では、松竹入団までをウメ子、入団後を瀧子と記述する。「水ノ江」や「滝子」との表記も多くあるが、引用部分を除き「水の江瀧子」で統一して記述する。
rdfs:label
  • 水の江瀧子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • みずのえたきこ
  • 三浦ウメ子→水の江瀧子
  • 水の江瀧子
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:producer of
is dbpedia-owl:starring of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:プロデューサー of
is prop-ja:出演者 of
is prop-ja:製作 of
is foaf:primaryTopic of