Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 気温減率(きおんげんりつ)とは、高度が上がるに従って大気の気温が下がっていくの割合をいう。気温逓減率(きおんていげんりつ)ともいう。ここで「減率」というのは、高度が上がるにつれて「気温が下がる割合」(高度がいくら上がると気温が何度下がる)という意味で用いられているから、単純な気温の「変化率」(高度がいくら上がると気温が何度変わる)とは符号が逆になる。地球大気に対して使われる事が最も多い用語であるが、重力によって支えられている球形の気体であれば、どのようなものにでも適用できる概念である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 44500 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8458 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 73 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58050015 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 気温減率(きおんげんりつ)とは、高度が上がるに従って大気の気温が下がっていくの割合をいう。気温逓減率(きおんていげんりつ)ともいう。ここで「減率」というのは、高度が上がるにつれて「気温が下がる割合」(高度がいくら上がると気温が何度下がる)という意味で用いられているから、単純な気温の「変化率」(高度がいくら上がると気温が何度変わる)とは符号が逆になる。地球大気に対して使われる事が最も多い用語であるが、重力によって支えられている球形の気体であれば、どのようなものにでも適用できる概念である。
rdfs:label
  • 気温減率
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of