民族(みんぞく、英: ethnic group, ethnicity)とは一定の文化的特徴を基準として他と区別される共同体をいう。土地、血縁関係、言語の共有(母語)や、宗教、伝承、社会組織などがその基準となるが、普遍的な客観的基準を設けても概念内容と一致しない場合が多いことから、むしろある民族概念への帰属意識という主観的基準が客観的基準であるとされることもある。 また、日本語の民族の語には、近代国民国家の成立と密接な関係を有する政治的共同体の色の濃い nation の概念と、政治的共同体の形成や、集合的な主体をなしているという意識の有無とはかかわりなく、同一の文化習俗を有する集団として認識される ethnic groupの概念の双方が十分区別されずに共存しているため、その使用においては一定の注意を要する。  本項ではethnic groupについて記す。(nationについては国民を参照。)

Property Value
dbo:abstract
  • 民族(みんぞく、英: ethnic group, ethnicity)とは一定の文化的特徴を基準として他と区別される共同体をいう。土地、血縁関係、言語の共有(母語)や、宗教、伝承、社会組織などがその基準となるが、普遍的な客観的基準を設けても概念内容と一致しない場合が多いことから、むしろある民族概念への帰属意識という主観的基準が客観的基準であるとされることもある。 また、日本語の民族の語には、近代国民国家の成立と密接な関係を有する政治的共同体の色の濃い nation の概念と、政治的共同体の形成や、集合的な主体をなしているという意識の有無とはかかわりなく、同一の文化習俗を有する集団として認識される ethnic groupの概念の双方が十分区別されずに共存しているため、その使用においては一定の注意を要する。  本項ではethnic groupについて記す。(nationについては国民を参照。) (ja)
  • 民族(みんぞく、英: ethnic group, ethnicity)とは一定の文化的特徴を基準として他と区別される共同体をいう。土地、血縁関係、言語の共有(母語)や、宗教、伝承、社会組織などがその基準となるが、普遍的な客観的基準を設けても概念内容と一致しない場合が多いことから、むしろある民族概念への帰属意識という主観的基準が客観的基準であるとされることもある。 また、日本語の民族の語には、近代国民国家の成立と密接な関係を有する政治的共同体の色の濃い nation の概念と、政治的共同体の形成や、集合的な主体をなしているという意識の有無とはかかわりなく、同一の文化習俗を有する集団として認識される ethnic groupの概念の双方が十分区別されずに共存しているため、その使用においては一定の注意を要する。  本項ではethnic groupについて記す。(nationについては国民を参照。) (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 7565 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3658 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80775428 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 20110813062147 (xsd:double)
  • --11-10
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 『文明学序説』第7章:民族 (ja)
  • 『文明学序説』第7章:民族 (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • 2018 (xsd:integer)
prop-ja:独自研究
  • 2018 (xsd:integer)
dct:subject
rdfs:comment
  • 民族(みんぞく、英: ethnic group, ethnicity)とは一定の文化的特徴を基準として他と区別される共同体をいう。土地、血縁関係、言語の共有(母語)や、宗教、伝承、社会組織などがその基準となるが、普遍的な客観的基準を設けても概念内容と一致しない場合が多いことから、むしろある民族概念への帰属意識という主観的基準が客観的基準であるとされることもある。 また、日本語の民族の語には、近代国民国家の成立と密接な関係を有する政治的共同体の色の濃い nation の概念と、政治的共同体の形成や、集合的な主体をなしているという意識の有無とはかかわりなく、同一の文化習俗を有する集団として認識される ethnic groupの概念の双方が十分区別されずに共存しているため、その使用においては一定の注意を要する。  本項ではethnic groupについて記す。(nationについては国民を参照。) (ja)
  • 民族(みんぞく、英: ethnic group, ethnicity)とは一定の文化的特徴を基準として他と区別される共同体をいう。土地、血縁関係、言語の共有(母語)や、宗教、伝承、社会組織などがその基準となるが、普遍的な客観的基準を設けても概念内容と一致しない場合が多いことから、むしろある民族概念への帰属意識という主観的基準が客観的基準であるとされることもある。 また、日本語の民族の語には、近代国民国家の成立と密接な関係を有する政治的共同体の色の濃い nation の概念と、政治的共同体の形成や、集合的な主体をなしているという意識の有無とはかかわりなく、同一の文化習俗を有する集団として認識される ethnic groupの概念の双方が十分区別されずに共存しているため、その使用においては一定の注意を要する。  本項ではethnic groupについて記す。(nationについては国民を参照。) (ja)
rdfs:label
  • 民族 (ja)
  • 民族 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:knownFor of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:blank1Name of
is prop-ja:blankName of
is prop-ja:demographics1Title of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:label of
is prop-ja:populationBlank1Title of
is prop-ja:subject of
is dct:subject of
is foaf:primaryTopic of