Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 生物学においての毛(け)とは、生物の構造の一つであり、生物体表面から突出した突起状構造のうち非常に細いものをさす。非常に広い範囲の生物において、様々なものがある。ほ乳類はケモノ(=毛物)の通称どおり、体表に体毛を生やしている種類が多い。ヒトも例外では無いが、頭頂部から後頭部にかけての頭髪以外は薄くなっており、産毛の状態で生まれてくる。成熟にするにしたがって、ある程度濃くなるが、一般の哺乳類ほど濃くはならない。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 189894 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3355 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59121809 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 生物学においての毛(け)とは、生物の構造の一つであり、生物体表面から突出した突起状構造のうち非常に細いものをさす。非常に広い範囲の生物において、様々なものがある。ほ乳類はケモノ(=毛物)の通称どおり、体表に体毛を生やしている種類が多い。ヒトも例外では無いが、頭頂部から後頭部にかけての頭髪以外は薄くなっており、産毛の状態で生まれてくる。成熟にするにしたがって、ある程度濃くなるが、一般の哺乳類ほど濃くはならない。
rdfs:label
  • 毛 (動物)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of