Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 毛沢東思想(もうたくとうしそう、中国語: 毛泽东思想、ピンイン: Máo Zédōng Sīxiǎng)または毛沢東主義(もうたくとうしゅぎ、英語: Maoism、マオイズム)は、毛沢東を中心とする中国の共産主義者が創立した政治思想。その信奉者は毛沢東主義者やマオイストとも呼ばれる。毛沢東思想の主要概念には、人民戦争理論、新民主主義論、3つの世界論などがある。1947年以降の中国共産党規約では「マルクス・レーニン主義の中国における運用と発展」とされ、「マルクス・レーニン主義」などと並ぶ「行動指針」と位置づけられた。特に1950年代から1960年代の中ソ対立や文化大革命の時期に強調された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 58544 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11233 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 214 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59159750 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 毛沢東思想(もうたくとうしそう、中国語: 毛泽东思想、ピンイン: Máo Zédōng Sīxiǎng)または毛沢東主義(もうたくとうしゅぎ、英語: Maoism、マオイズム)は、毛沢東を中心とする中国の共産主義者が創立した政治思想。その信奉者は毛沢東主義者やマオイストとも呼ばれる。毛沢東思想の主要概念には、人民戦争理論、新民主主義論、3つの世界論などがある。1947年以降の中国共産党規約では「マルクス・レーニン主義の中国における運用と発展」とされ、「マルクス・レーニン主義」などと並ぶ「行動指針」と位置づけられた。特に1950年代から1960年代の中ソ対立や文化大革命の時期に強調された。
rdfs:label
  • 毛沢東思想
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:ideology of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:ideology of
is prop-ja:位置 of
is prop-ja:思想 of
is prop-ja:政治的思想・立場 of
is foaf:primaryTopic of