Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 毛利 高泰(もうり たかやす、文化12年(1815年)1月 - 明治2年9月1日(1869年10月15日))は、豊後国佐伯藩の第11代藩主。第10代藩主・毛利高翰の長男。正室は亀井茲尚の娘。子は毛利高謙(長男)。官位は従五位下、安房守、伊勢守。天保3年(1832年)5月23日、父が病を理由に隠居したため、その跡を継いだ。藩財政再建のため、産物方を設置して専売制を行い、さらに殖産興業政策を推進した。また、領内の特産の海産物の流通統制などを行っている。嘉永6年(1853年)のペリー来航で海防が重視されると、西洋軍制を導入して砲術訓練や大砲鋳造などに尽力した。文久2年(1862年)12月9日、病を理由に家督を長男・高謙に譲って隠居した。明治2年(1869年)に死去した。享年55。法号は泰雲院。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 270853 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 633 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 43045712 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 毛利 高泰(もうり たかやす、文化12年(1815年)1月 - 明治2年9月1日(1869年10月15日))は、豊後国佐伯藩の第11代藩主。第10代藩主・毛利高翰の長男。正室は亀井茲尚の娘。子は毛利高謙(長男)。官位は従五位下、安房守、伊勢守。天保3年(1832年)5月23日、父が病を理由に隠居したため、その跡を継いだ。藩財政再建のため、産物方を設置して専売制を行い、さらに殖産興業政策を推進した。また、領内の特産の海産物の流通統制などを行っている。嘉永6年(1853年)のペリー来航で海防が重視されると、西洋軍制を導入して砲術訓練や大砲鋳造などに尽力した。文久2年(1862年)12月9日、病を理由に家督を長男・高謙に譲って隠居した。明治2年(1869年)に死去した。享年55。法号は泰雲院。
rdfs:label
  • 毛利高泰
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:主君 of
is prop-ja:兄弟 of
is foaf:primaryTopic of