Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 毛利両川(もうりりょうせん)は、戦国時代の山陰・山陽の大半を統治した戦国大名・毛利元就によって確立した軍事、または政治組織の通称。この組織は、吉川氏にはニ男の元春、小早川氏には三男の隆景を養子として送り込み、それぞれの正統な血統を絶やして、それぞれの勢力を吸収するのに成功し、中国路制覇を果たすのに大きな役割をした。元春の死後は三男の吉川広家が跡を継ぎ、隆景の死後は小早川氏は事実上消滅し、甥で元就の四男・穂井田元清の子の毛利秀元を祖とする長府毛利家(旧穂井田氏)がその役割を継承することによって、広義においては長州藩初期まで継続されることとなる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 397176 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5571 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 161 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57825853 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 毛利両川(もうりりょうせん)は、戦国時代の山陰・山陽の大半を統治した戦国大名・毛利元就によって確立した軍事、または政治組織の通称。この組織は、吉川氏にはニ男の元春、小早川氏には三男の隆景を養子として送り込み、それぞれの正統な血統を絶やして、それぞれの勢力を吸収するのに成功し、中国路制覇を果たすのに大きな役割をした。元春の死後は三男の吉川広家が跡を継ぎ、隆景の死後は小早川氏は事実上消滅し、甥で元就の四男・穂井田元清の子の毛利秀元を祖とする長府毛利家(旧穂井田氏)がその役割を継承することによって、広義においては長州藩初期まで継続されることとなる。
rdfs:label
  • 毛利両川
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of