Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 比較発生学(ひかくはっせいがく)とは、様々な生物の発生の過程を比較検討することで、生物学的な知見を得ようとする発生生物学の分野である。19世紀に起こり、この世紀に大きな役割を持ち、特に進化論と系統学への関わりが深い。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1722391 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5801 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 55 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58650392 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 比較発生学(ひかくはっせいがく)とは、様々な生物の発生の過程を比較検討することで、生物学的な知見を得ようとする発生生物学の分野である。19世紀に起こり、この世紀に大きな役割を持ち、特に進化論と系統学への関わりが深い。
rdfs:label
  • 比較発生学
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of