母親(ははおや)とは、女親のことである。 お母さんと一般には言い、親しみをこめて「かあさん」「かあちゃん」「お袋」(おふくろ)などと呼ばれる場合もある。「母」という漢字の成り立ちは「女」に2つの乳房を加えた象形文字であり、子への哺乳者、授乳者であることを意味する。お母さんという呼称を使う場面は、 1. * 子が母親に呼びかけるとき 2. * 母親が子に対して自分のことを指して言うとき 3. * 夫が妻を言うときに子の母親として言うとき 4. * 会話で他人の母親に言及する場合。「~のお母さん」 にも用いられる。2, 3の場合は、話者が子の立場に自らを擬して言うという特徴がある。4の場合はおば(いとこのお母さん)やいとこおば(はとこのお母さん)など傍系尊属にあたる女性を指す場合もある。 幼児語で母親のことを「ママ」ということがあり、「ママ」の語は別項目で述べるように母親のイメージから発展して意味が多様化していくことになる。 血縁関係上の母親は「実母」・「生母」、養子縁組による母親は「養母」、母親が死別または離婚し父親が再婚したが、母親と養子縁組をしていない場合は「継母」(ままはは)と称される。

Property Value
dbo:abstract
  • 母親(ははおや)とは、女親のことである。 お母さんと一般には言い、親しみをこめて「かあさん」「かあちゃん」「お袋」(おふくろ)などと呼ばれる場合もある。「母」という漢字の成り立ちは「女」に2つの乳房を加えた象形文字であり、子への哺乳者、授乳者であることを意味する。お母さんという呼称を使う場面は、 1. * 子が母親に呼びかけるとき 2. * 母親が子に対して自分のことを指して言うとき 3. * 夫が妻を言うときに子の母親として言うとき 4. * 会話で他人の母親に言及する場合。「~のお母さん」 にも用いられる。2, 3の場合は、話者が子の立場に自らを擬して言うという特徴がある。4の場合はおば(いとこのお母さん)やいとこおば(はとこのお母さん)など傍系尊属にあたる女性を指す場合もある。 幼児語で母親のことを「ママ」ということがあり、「ママ」の語は別項目で述べるように母親のイメージから発展して意味が多様化していくことになる。 血縁関係上の母親は「実母」・「生母」、養子縁組による母親は「養母」、母親が死別または離婚し父親が再婚したが、母親と養子縁組をしていない場合は「継母」(ままはは)と称される。 (ja)
  • 母親(ははおや)とは、女親のことである。 お母さんと一般には言い、親しみをこめて「かあさん」「かあちゃん」「お袋」(おふくろ)などと呼ばれる場合もある。「母」という漢字の成り立ちは「女」に2つの乳房を加えた象形文字であり、子への哺乳者、授乳者であることを意味する。お母さんという呼称を使う場面は、 1. * 子が母親に呼びかけるとき 2. * 母親が子に対して自分のことを指して言うとき 3. * 夫が妻を言うときに子の母親として言うとき 4. * 会話で他人の母親に言及する場合。「~のお母さん」 にも用いられる。2, 3の場合は、話者が子の立場に自らを擬して言うという特徴がある。4の場合はおば(いとこのお母さん)やいとこおば(はとこのお母さん)など傍系尊属にあたる女性を指す場合もある。 幼児語で母親のことを「ママ」ということがあり、「ママ」の語は別項目で述べるように母親のイメージから発展して意味が多様化していくことになる。 血縁関係上の母親は「実母」・「生母」、養子縁組による母親は「養母」、母親が死別または離婚し父親が再婚したが、母親と養子縁組をしていない場合は「継母」(ままはは)と称される。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 213354 (xsd:integer)
dbo:wikiPageInterLanguageLink
dbo:wikiPageLength
  • 8835 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81530470 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 母親(ははおや)とは、女親のことである。 お母さんと一般には言い、親しみをこめて「かあさん」「かあちゃん」「お袋」(おふくろ)などと呼ばれる場合もある。「母」という漢字の成り立ちは「女」に2つの乳房を加えた象形文字であり、子への哺乳者、授乳者であることを意味する。お母さんという呼称を使う場面は、 1. * 子が母親に呼びかけるとき 2. * 母親が子に対して自分のことを指して言うとき 3. * 夫が妻を言うときに子の母親として言うとき 4. * 会話で他人の母親に言及する場合。「~のお母さん」 にも用いられる。2, 3の場合は、話者が子の立場に自らを擬して言うという特徴がある。4の場合はおば(いとこのお母さん)やいとこおば(はとこのお母さん)など傍系尊属にあたる女性を指す場合もある。 幼児語で母親のことを「ママ」ということがあり、「ママ」の語は別項目で述べるように母親のイメージから発展して意味が多様化していくことになる。 血縁関係上の母親は「実母」・「生母」、養子縁組による母親は「養母」、母親が死別または離婚し父親が再婚したが、母親と養子縁組をしていない場合は「継母」(ままはは)と称される。 (ja)
  • 母親(ははおや)とは、女親のことである。 お母さんと一般には言い、親しみをこめて「かあさん」「かあちゃん」「お袋」(おふくろ)などと呼ばれる場合もある。「母」という漢字の成り立ちは「女」に2つの乳房を加えた象形文字であり、子への哺乳者、授乳者であることを意味する。お母さんという呼称を使う場面は、 1. * 子が母親に呼びかけるとき 2. * 母親が子に対して自分のことを指して言うとき 3. * 夫が妻を言うときに子の母親として言うとき 4. * 会話で他人の母親に言及する場合。「~のお母さん」 にも用いられる。2, 3の場合は、話者が子の立場に自らを擬して言うという特徴がある。4の場合はおば(いとこのお母さん)やいとこおば(はとこのお母さん)など傍系尊属にあたる女性を指す場合もある。 幼児語で母親のことを「ママ」ということがあり、「ママ」の語は別項目で述べるように母親のイメージから発展して意味が多様化していくことになる。 血縁関係上の母親は「実母」・「生母」、養子縁組による母親は「養母」、母親が死別または離婚し父親が再婚したが、母親と養子縁組をしていない場合は「継母」(ままはは)と称される。 (ja)
rdfs:label
  • 母親 (ja)
  • 母親 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:parent of
is dbo:relation of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:family of
is prop-ja:profession of
is prop-ja:relations of
is prop-ja:subject of
is prop-ja:両親 of
is prop-ja:父母 of
is prop-ja:著名な家族 of
is prop-ja: of
is prop-ja:親族(政治家)_ of
is prop-ja:読者対象 of
is foaf:primaryTopic of