Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 母マリヤ (ははマリヤ、1891 - 1945、ロシア語: Мать Мария マーチ マリーヤ、英語: Mother Maria)は、パリの聖マリヤとも呼ばれる正教会の聖人(克肖致命女)。ロシアの貴族であり、詩人であり、正教会の修道女。ロシア革命時に亡命。第二次世界大戦時にはナチス占領下のフランスでユダヤ人達を助け続けたが、ゲシュタポに捕えられた後、ラーフェンスブリュック強制収容所でガス室に送られて殺害された。「マリヤ」は修道名。生まれた際の名はエリザヴェータ・ユーリエヴナ・ピレンコ(ロシア語: Елизавета Юрьевна Пиленко, ラテン文字転写: Elizaveta Yurievna Pilenko)。一度目の結婚で姓がクジミナ=カラヴァイェヴァ(ロシア語: Кузьмина-Караваева, ラテン文字転写: Kuzmina-Karavayeva)となり、二度目の結婚で姓がスコブツォヴァ(ロシア語: Скобцова, 英語: Skobtsova)となった。修道士・修道女は姓ではまず呼ばれず、聖人としても姓付きで呼ばれないのは本記事のマリアも同様である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1960654 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5827 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 107 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50225464 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名前
  • 母マリヤ(パリの聖マリヤ)
prop-ja:崇敬する教派
prop-ja:死去地
prop-ja:死去年(日)_
  • 1945 (xsd:integer)
prop-ja:生誕地
prop-ja:生誕年(日)_
  • 1891 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • NikolayBerdyaev with Maria Skobtzeva.jpg
prop-ja:画像コメント
  • 右:母マリヤ(スコブツォヴァ)
  • 左:ニコライ・ベルジャーエフ
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:称号
prop-ja:記念日
  • --07-20
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 母マリヤ (ははマリヤ、1891 - 1945、ロシア語: Мать Мария マーチ マリーヤ、英語: Mother Maria)は、パリの聖マリヤとも呼ばれる正教会の聖人(克肖致命女)。ロシアの貴族であり、詩人であり、正教会の修道女。ロシア革命時に亡命。第二次世界大戦時にはナチス占領下のフランスでユダヤ人達を助け続けたが、ゲシュタポに捕えられた後、ラーフェンスブリュック強制収容所でガス室に送られて殺害された。「マリヤ」は修道名。生まれた際の名はエリザヴェータ・ユーリエヴナ・ピレンコ(ロシア語: Елизавета Юрьевна Пиленко, ラテン文字転写: Elizaveta Yurievna Pilenko)。一度目の結婚で姓がクジミナ=カラヴァイェヴァ(ロシア語: Кузьмина-Караваева, ラテン文字転写: Kuzmina-Karavayeva)となり、二度目の結婚で姓がスコブツォヴァ(ロシア語: Скобцова, 英語: Skobtsova)となった。修道士・修道女は姓ではまず呼ばれず、聖人としても姓付きで呼ばれないのは本記事のマリアも同様である。
rdfs:label
  • 母マリヤ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of