Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『母の初恋』(ははのはつこい)は、川端康成の短編小説。全5章から成る。母の初恋の人に引き取られた娘が、密かに彼を慕いながらも、別の男のもとへ嫁いでゆく悲恋の物語。亡き母の恋が神秘な力で娘の生をくぐって伝わってゆくという主題で、妻子持ちの男と若い娘の実らない恋が潔く描かれている。ヒロインである「純潔な少女」は、川端の全作品をつらぬく主題の象徴ともなっている。川端自身は第4章(母の死の章)に愛着を持ち、「そこのところの少女は可愛く、少し涙をこぼしながら書いた」としている。1940年(昭和15年)、雑誌『婦人公論』1月号に掲載された。翻案作品も多く、1954年(昭和29年)9月17日に久松静児監督により映画化され、テレビドラマ化も7度行われた。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:illustrator
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:literaryGenre
dbpedia-owl:mediaType
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2883605 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 21188 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 422 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58854950 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:2前番組
prop-ja:2放送局
  • フジテレビ系
prop-ja:2放送枠
  • 早川電機工業一社提供枠
prop-ja:2次番組
  • れいこちゃんごめんネ
prop-ja:2番組名
  • (1963年版)
  • 母の初恋
prop-ja:3前番組
prop-ja:3放送局
prop-ja:3放送枠
prop-ja:3次番組
prop-ja:3番組名
  • (1973年版)
  • 母の初恋
  • 【本作より単発作品】
prop-ja:_
  • 1953 (xsd:integer)
  • 1954 (xsd:integer)
  • 1958 (xsd:integer)
  • 1959 (xsd:integer)
  • 1961 (xsd:integer)
  • 1963 (xsd:integer)
  • 1973 (xsd:integer)
  • 1996 (xsd:integer)
  • TBSのスペシャルドラマ
  • テレビ朝日のスペシャルドラマ
  • 恋愛ドラマ
  • 白雪劇場
  • 関西テレビのテレビドラマ
  • 川端康成原作の映画作品
  • シャープ火曜劇場
  • 川端康成原作のテレビドラマ
  • 日本の恋愛映画
  • 東宝配給の映画
  • NHK総合のスペシャルドラマ
prop-ja:author
prop-ja:genre
prop-ja:illustrator
  • 装幀:芹沢銈介
prop-ja:language
  • 日本語
prop-ja:portal
  • 文学
prop-ja:published
  • 1940 (xsd:integer)
  • --12-08
prop-ja:publisher
prop-ja:redirect
  • 母の初恋
prop-ja:title
  • 愛する人達
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上映時間
  • 102 (xsd:integer)
prop-ja:作品名
  • 母の初恋
prop-ja:公開
  • --09-17
prop-ja:出演者
prop-ja:前番組
  • (なし)
prop-ja:原作
prop-ja:撮影
prop-ja:放送局
prop-ja:放送枠
prop-ja:次番組
prop-ja:番組名
  • (1963年版)
  • 母の初恋
prop-ja:監督
prop-ja:脚本
prop-ja:製作
prop-ja:言語
prop-ja:配給
prop-ja:音楽
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『母の初恋』(ははのはつこい)は、川端康成の短編小説。全5章から成る。母の初恋の人に引き取られた娘が、密かに彼を慕いながらも、別の男のもとへ嫁いでゆく悲恋の物語。亡き母の恋が神秘な力で娘の生をくぐって伝わってゆくという主題で、妻子持ちの男と若い娘の実らない恋が潔く描かれている。ヒロインである「純潔な少女」は、川端の全作品をつらぬく主題の象徴ともなっている。川端自身は第4章(母の死の章)に愛着を持ち、「そこのところの少女は可愛く、少し涙をこぼしながら書いた」としている。1940年(昭和15年)、雑誌『婦人公論』1月号に掲載された。翻案作品も多く、1954年(昭和29年)9月17日に久松静児監督により映画化され、テレビドラマ化も7度行われた。
rdfs:label
  • 母の初恋
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 母の初恋
  • 愛する人達
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:2前番組 of
is prop-ja:3次番組 of
is prop-ja:前番組 of
is foaf:primaryTopic of