Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『死の翼アルバトロス』(しのつばさアルバトロス)は、1977年から1980年に放送された『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』(以下、『TV第2シリーズ』)第145話のサブタイトル。宮崎駿が「照樹務」名義で脚本・演出を担当し、9000枚という、当時のアニメで使用されていた2倍もの量の手描きセル画を使用して製作された。『TV第2シリーズ』に不満を感じた宮崎が制作し、シリーズへの批判からか、作中でほとんど赤いジャケットをルパンが着ないなど、イメージが違うとして第155話(最終話)「さらば愛しきルパンよ」同様、日本テレビのスタッフが没にしようとした経緯を持つ。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1302893 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2761 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55616058 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『死の翼アルバトロス』(しのつばさアルバトロス)は、1977年から1980年に放送された『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』(以下、『TV第2シリーズ』)第145話のサブタイトル。宮崎駿が「照樹務」名義で脚本・演出を担当し、9000枚という、当時のアニメで使用されていた2倍もの量の手描きセル画を使用して製作された。『TV第2シリーズ』に不満を感じた宮崎が制作し、シリーズへの批判からか、作中でほとんど赤いジャケットをルパンが着ないなど、イメージが違うとして第155話(最終話)「さらば愛しきルパンよ」同様、日本テレビのスタッフが没にしようとした経緯を持つ。
rdfs:label
  • 死の翼アルバトロス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of