Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 死(し、英語: death)とは、命がなくなること。生命がなくなること。生命が存在しない状態。機能を果たさないこと、役に立たないこと(→#比喩的な用法を参照)ただし、何をもって人間の死とするのか、その判定や定義は文化、時代、分野などにより様々である。(→「死亡の判定・定義」節を参照)。一旦は命が無いとされる状態になったが、再び生きている状態に戻った場合、途中の「死」とされた状態を「仮死」や「仮死状態」という。伝統的に宗教、哲学、神学が死を扱ってきた。近年では、死生学、法学、法医学、生物学等々も死に関係している。死の後ろに様々な言葉をつなげ、様々なニュアンスを表現している。例えば「死亡」「死去」「死没」などがある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 356397 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 34392 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 382 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59141126 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 死(し、英語: death)とは、命がなくなること。生命がなくなること。生命が存在しない状態。機能を果たさないこと、役に立たないこと(→#比喩的な用法を参照)ただし、何をもって人間の死とするのか、その判定や定義は文化、時代、分野などにより様々である。(→「死亡の判定・定義」節を参照)。一旦は命が無いとされる状態になったが、再び生きている状態に戻った場合、途中の「死」とされた状態を「仮死」や「仮死状態」という。伝統的に宗教、哲学、神学が死を扱ってきた。近年では、死生学、法学、法医学、生物学等々も死に関係している。死の後ろに様々な言葉をつなげ、様々なニュアンスを表現している。例えば「死亡」「死去」「死没」などがある。
rdfs:label
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:mainInterest of
is dbpedia-owl:notableIdea of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:mainInterests of
is prop-ja:subject of
is dcterms:subject of
is foaf:primaryTopic of