死(し、英語: death)とは、 * 命がなくなること。生命がなくなること。生命が存在しない状態。 * 機能を果たさないこと、役に立たないこと(→を参照) ただし、何をもって人間の死とするのか、その判定や定義は文化、時代、分野などにより様々である(→「」節を参照)。一旦は命が無いとされる状態になったが再び生きている状態に戻った場合、途中の「死」とされた状態を「仮死」や「仮死状態」という。伝統的に宗教、哲学、神学が死を扱ってきた。近年では、死生学、法学、法医学、生物学等々も死に関係している。死の後ろに様々な言葉をつなげ、様々なニュアンスを表現している。例えば「死亡」「死去」「死没」などがある。 世界においては1日あたり、おおよそ15万人が死を迎えるが、そのうち2/3は高齢による加齢関連が死因である。先進国になるとその割合は高く、90%ほどが加齢関連である。 「防ぎうる死」も参照死の文化的な位置付けについては「死と文化」を参照

Property Value
dbo:abstract
  • 死(し、英語: death)とは、 * 命がなくなること。生命がなくなること。生命が存在しない状態。 * 機能を果たさないこと、役に立たないこと(→を参照) ただし、何をもって人間の死とするのか、その判定や定義は文化、時代、分野などにより様々である(→「」節を参照)。一旦は命が無いとされる状態になったが再び生きている状態に戻った場合、途中の「死」とされた状態を「仮死」や「仮死状態」という。伝統的に宗教、哲学、神学が死を扱ってきた。近年では、死生学、法学、法医学、生物学等々も死に関係している。死の後ろに様々な言葉をつなげ、様々なニュアンスを表現している。例えば「死亡」「死去」「死没」などがある。 世界においては1日あたり、おおよそ15万人が死を迎えるが、そのうち2/3は高齢による加齢関連が死因である。先進国になるとその割合は高く、90%ほどが加齢関連である。 「防ぎうる死」も参照死の文化的な位置付けについては「死と文化」を参照 (ja)
  • 死(し、英語: death)とは、 * 命がなくなること。生命がなくなること。生命が存在しない状態。 * 機能を果たさないこと、役に立たないこと(→を参照) ただし、何をもって人間の死とするのか、その判定や定義は文化、時代、分野などにより様々である(→「」節を参照)。一旦は命が無いとされる状態になったが再び生きている状態に戻った場合、途中の「死」とされた状態を「仮死」や「仮死状態」という。伝統的に宗教、哲学、神学が死を扱ってきた。近年では、死生学、法学、法医学、生物学等々も死に関係している。死の後ろに様々な言葉をつなげ、様々なニュアンスを表現している。例えば「死亡」「死去」「死没」などがある。 世界においては1日あたり、おおよそ15万人が死を迎えるが、そのうち2/3は高齢による加齢関連が死因である。先進国になるとその割合は高く、90%ほどが加齢関連である。 「防ぎうる死」も参照死の文化的な位置付けについては「死と文化」を参照 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 356397 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 28492 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80568307 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2011 (xsd:integer)
  • 2014 (xsd:integer)
  • 2020 (xsd:integer)
  • --07-28
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • 2009 (xsd:integer)
  • 2018 (xsd:integer)
prop-ja:独自研究
  • 2018 (xsd:integer)
prop-ja:範囲
  • 直接的に死亡に繋がった原因の事を「直接死因(direct cause of death)」と言い、直接死因を招いた原因を「原死因(underlying cause of death)」と言う。 (ja)
  • 乾燥から免れ、周囲の空気から何とか酸素が供給されている場合、毛根などの細胞はしばらく生存する可能性もあるが、死体の髭や髪が伸びると言われる場合、多くは表皮の乾燥による収縮のため、毛髪がより露出して見えることによる錯覚であるとも言われている。また、まばたきが行われないため、角膜の乾燥、角膜の細胞死による蛋白の変性による白濁が速やかに進行する。 (ja)
  • 死後9 - 12時間経過すると、筋原繊維の機能が失われるため死体硬直は解除される。死後硬直中に他動的に関節を屈伸させると死後硬直は解除される。また気温が十分に高ければ、死体硬直は起こらない。 (ja)
  • まず、心拍が停止した時点を死亡時間とし、その後見られる現象は以下の通りである。死亡後に見られる明らかな変化の多くは、血流の停止によってもたらされる。 (ja)
  • 直接的に死亡に繋がった原因の事を「直接死因(direct cause of death)」と言い、直接死因を招いた原因を「原死因(underlying cause of death)」と言う。 (ja)
  • 乾燥から免れ、周囲の空気から何とか酸素が供給されている場合、毛根などの細胞はしばらく生存する可能性もあるが、死体の髭や髪が伸びると言われる場合、多くは表皮の乾燥による収縮のため、毛髪がより露出して見えることによる錯覚であるとも言われている。また、まばたきが行われないため、角膜の乾燥、角膜の細胞死による蛋白の変性による白濁が速やかに進行する。 (ja)
  • 死後9 - 12時間経過すると、筋原繊維の機能が失われるため死体硬直は解除される。死後硬直中に他動的に関節を屈伸させると死後硬直は解除される。また気温が十分に高ければ、死体硬直は起こらない。 (ja)
  • まず、心拍が停止した時点を死亡時間とし、その後見られる現象は以下の通りである。死亡後に見られる明らかな変化の多くは、血流の停止によってもたらされる。 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 死(し、英語: death)とは、 * 命がなくなること。生命がなくなること。生命が存在しない状態。 * 機能を果たさないこと、役に立たないこと(→を参照) ただし、何をもって人間の死とするのか、その判定や定義は文化、時代、分野などにより様々である(→「」節を参照)。一旦は命が無いとされる状態になったが再び生きている状態に戻った場合、途中の「死」とされた状態を「仮死」や「仮死状態」という。伝統的に宗教、哲学、神学が死を扱ってきた。近年では、死生学、法学、法医学、生物学等々も死に関係している。死の後ろに様々な言葉をつなげ、様々なニュアンスを表現している。例えば「死亡」「死去」「死没」などがある。 世界においては1日あたり、おおよそ15万人が死を迎えるが、そのうち2/3は高齢による加齢関連が死因である。先進国になるとその割合は高く、90%ほどが加齢関連である。 「防ぎうる死」も参照死の文化的な位置付けについては「死と文化」を参照 (ja)
  • 死(し、英語: death)とは、 * 命がなくなること。生命がなくなること。生命が存在しない状態。 * 機能を果たさないこと、役に立たないこと(→を参照) ただし、何をもって人間の死とするのか、その判定や定義は文化、時代、分野などにより様々である(→「」節を参照)。一旦は命が無いとされる状態になったが再び生きている状態に戻った場合、途中の「死」とされた状態を「仮死」や「仮死状態」という。伝統的に宗教、哲学、神学が死を扱ってきた。近年では、死生学、法学、法医学、生物学等々も死に関係している。死の後ろに様々な言葉をつなげ、様々なニュアンスを表現している。例えば「死亡」「死去」「死没」などがある。 世界においては1日あたり、おおよそ15万人が死を迎えるが、そのうち2/3は高齢による加齢関連が死因である。先進国になるとその割合は高く、90%ほどが加齢関連である。 「防ぎうる死」も参照死の文化的な位置付けについては「死と文化」を参照 (ja)
rdfs:label
  • (ja)
  • (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:child of
is dbo:deathCause of
is dbo:mainInterest of
is dbo:notableIdea of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:leaders of
is prop-ja:mainInterests of
is prop-ja:subject of
is prop-ja: of
is prop-ja:死因 of
is prop-ja:範囲 of
is dct:subject of
is foaf:primaryTopic of