Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『歴程』(れきてい)は、伝統ある現代詩の同人雑誌。編集本部は静岡県熱海市にある。昭和10年(1935年)5月に、草野心平、中原中也、逸見猶吉、岡崎清一郎、尾形亀之助、高橋新吉、菱山修三、土方定一の8名によって創刊され、戦時中の昭和19年(1944年)にいったん中断した。宮沢賢治も物故同人であり、遺稿は同誌に掲載された。戦前は、山之口貘、伊藤信吉、尾崎喜八、小野十三郎、藤原定らも参加した。戦後の昭和22年(1947年)に復刊され、草野を中心に新同人を集めつつ、原則月刊誌として、通巻500号を超えてなお刊行中である。戦後は安西均、安東次男、石垣りん、井上靖、入沢康夫、金井直、北杜夫、串田孫一、黒田三郎、渋沢孝輔、葉紀甫、宗左近、谷川俊太郎、田村隆一、辻まこと、粒来哲蔵、中上健次、野上彰、山本健吉、山本道子、吉原幸子、吉行理恵らが同人として参加した。現在の主な同人は、相沢正一郎、暁方ミセイ、粟津則雄、池井昌樹、岩佐なを、小笠原鳥類、粕谷栄市、川口晴美、近藤洋太、新藤凉子、高橋順子、辻井喬、那珂太郎、野村喜和夫、長谷川龍生、三角みづ紀、和合亮一など。戦前および戦後の詩の世界において、「歴程」の果たした役割はきわめて大きく、現在に至っても、優れた作品を創る詩人たちが集う同人雑誌といえる。現在、同人は日本各地(東北から沖縄)におり、その数は約50名、全国に購読者、定期購読者を有している。また、藤村記念歴程賞および歴程新鋭賞を設け、年1回授賞者を決定している。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1045921 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1122 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 69 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49402030 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『歴程』(れきてい)は、伝統ある現代詩の同人雑誌。編集本部は静岡県熱海市にある。昭和10年(1935年)5月に、草野心平、中原中也、逸見猶吉、岡崎清一郎、尾形亀之助、高橋新吉、菱山修三、土方定一の8名によって創刊され、戦時中の昭和19年(1944年)にいったん中断した。宮沢賢治も物故同人であり、遺稿は同誌に掲載された。戦前は、山之口貘、伊藤信吉、尾崎喜八、小野十三郎、藤原定らも参加した。戦後の昭和22年(1947年)に復刊され、草野を中心に新同人を集めつつ、原則月刊誌として、通巻500号を超えてなお刊行中である。戦後は安西均、安東次男、石垣りん、井上靖、入沢康夫、金井直、北杜夫、串田孫一、黒田三郎、渋沢孝輔、葉紀甫、宗左近、谷川俊太郎、田村隆一、辻まこと、粒来哲蔵、中上健次、野上彰、山本健吉、山本道子、吉原幸子、吉行理恵らが同人として参加した。現在の主な同人は、相沢正一郎、暁方ミセイ、粟津則雄、池井昌樹、岩佐なを、小笠原鳥類、粕谷栄市、川口晴美、近藤洋太、新藤凉子、高橋順子、辻井喬、那珂太郎、野村喜和夫、長谷川龍生、三角みづ紀、和合亮一など。戦前および戦後の詩の世界において、「歴程」の果たした役割はきわめて大きく、現在に至っても、優れた作品を創る詩人たちが集う同人雑誌といえる。現在、同人は日本各地(東北から沖縄)におり、その数は約50名、全国に購読者、定期購読者を有している。また、藤村記念歴程賞および歴程新鋭賞を設け、年1回授賞者を決定している。
rdfs:label
  • 歴程
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of