Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 歴史学派(れきしがくは / 独:Historische Schule)は、19世紀初めのドイツにおいて法学・経済学の分野で起こった学派で、啓蒙的合理主義や自然法思想の持つ抽象性・普遍性に反対して、歴史事象の具体性の重視を主張する歴史主義の立場をとった。歴史学派法学 - サヴィニー、アイヒホルンにより築かれた。⇒歴史法学へ。歴史学派経済学 - フリードリヒ・リストにより開拓され、ヒルデブラント、ロッシャー、クニースにより学派が形成された。⇒以下を参照のこと。歴史学派(れきしがくは / 独:Historische Schule (der Nationalökonomie))とは、19世紀半ばのドイツで成立し、同世紀後半にかけてのドイツで隆盛を誇った経済学の学派もしくは思潮である。「歴史学派経済学」とも呼ばれ、またドイツに限定した場合は「ドイツ歴史学派」とも称される。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 206366 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7886 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 159 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47247842 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 歴史学派(れきしがくは / 独:Historische Schule)は、19世紀初めのドイツにおいて法学・経済学の分野で起こった学派で、啓蒙的合理主義や自然法思想の持つ抽象性・普遍性に反対して、歴史事象の具体性の重視を主張する歴史主義の立場をとった。歴史学派法学 - サヴィニー、アイヒホルンにより築かれた。⇒歴史法学へ。歴史学派経済学 - フリードリヒ・リストにより開拓され、ヒルデブラント、ロッシャー、クニースにより学派が形成された。⇒以下を参照のこと。歴史学派(れきしがくは / 独:Historische Schule (der Nationalökonomie))とは、19世紀半ばのドイツで成立し、同世紀後半にかけてのドイツで隆盛を誇った経済学の学派もしくは思潮である。「歴史学派経済学」とも呼ばれ、またドイツに限定した場合は「ドイツ歴史学派」とも称される。
rdfs:label
  • 歴史学派
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:contributions of
is prop-ja:schoolTradition of
is prop-ja:学派 of
is foaf:primaryTopic of