Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 歯根膜(しこんまく)とは、歯根と歯槽骨の間に存在し、歯槽骨に歯を植立する懸架組織のことである。歯周靭帯とも呼ばれる。歯根膜は、歯槽骨、セメント質、歯肉とともに、歯周組織を構成する組織である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 225328 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2303 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 84 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52259047 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 歯根膜(しこんまく)とは、歯根と歯槽骨の間に存在し、歯槽骨に歯を植立する懸架組織のことである。歯周靭帯とも呼ばれる。歯根膜は、歯槽骨、セメント質、歯肉とともに、歯周組織を構成する組織である。
rdfs:label
  • 歯根膜
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of