Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 歯の発生(はのはっせい)は歯胚の細胞から作られ、成長し、口腔内に萌出する複雑な過程である。多くの生物が歯を持つが、人間以外の脊椎動物の歯の発生も、人間の過程とおおむね同じである。人間の健康な口腔環境において、エナメル質、象牙質、セメント質を持つ歯およびそれを支持する歯周組織は、胎児の段階で成長する。乳歯は胎生6~8週の間に発生を始め、永久歯は胎生20週目から発生を始める。この時期(あるいはその付近)に発生を始めない場合、歯は発生しない。歯の発生の始まりを調べる多くの研究がなされ、現在歯の発生を始める要因が第一鰓弓の組織に含まれるという事は広く受け入れられている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 431841 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 22388 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 218 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56140057 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 歯の発生(はのはっせい)は歯胚の細胞から作られ、成長し、口腔内に萌出する複雑な過程である。多くの生物が歯を持つが、人間以外の脊椎動物の歯の発生も、人間の過程とおおむね同じである。人間の健康な口腔環境において、エナメル質、象牙質、セメント質を持つ歯およびそれを支持する歯周組織は、胎児の段階で成長する。乳歯は胎生6~8週の間に発生を始め、永久歯は胎生20週目から発生を始める。この時期(あるいはその付近)に発生を始めない場合、歯は発生しない。歯の発生の始まりを調べる多くの研究がなされ、現在歯の発生を始める要因が第一鰓弓の組織に含まれるという事は広く受け入れられている。
rdfs:label
  • 歯の発生
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of