歯(は、英: tooth)は、口腔内にある咀嚼するための一番目の器官。 多くの高等動物が持つ。人間は乳歯と永久歯の二組を持つが(二生歯性)、ネズミ目のように一組の歯が伸び続ける動物もいれば(一生歯性)、サメのように、二週間に一組ずつ新しい歯が作られていく動物もいる(多生歯性)。化石化した哺乳類においてもっとも特徴的な部位であり、古生物学者達は化石の種類や関係を鑑別するのにしばしば歯を使う。 歯は摂食の際の重要な構造であり、その形は餌のタイプと強く結びついている。

Property Value
dbo:abstract
  • 歯(は、英: tooth)は、口腔内にある咀嚼するための一番目の器官。 多くの高等動物が持つ。人間は乳歯と永久歯の二組を持つが(二生歯性)、ネズミ目のように一組の歯が伸び続ける動物もいれば(一生歯性)、サメのように、二週間に一組ずつ新しい歯が作られていく動物もいる(多生歯性)。化石化した哺乳類においてもっとも特徴的な部位であり、古生物学者達は化石の種類や関係を鑑別するのにしばしば歯を使う。 歯は摂食の際の重要な構造であり、その形は餌のタイプと強く結びついている。 (ja)
  • 歯(は、英: tooth)は、口腔内にある咀嚼するための一番目の器官。 多くの高等動物が持つ。人間は乳歯と永久歯の二組を持つが(二生歯性)、ネズミ目のように一組の歯が伸び続ける動物もいれば(一生歯性)、サメのように、二週間に一組ずつ新しい歯が作られていく動物もいる(多生歯性)。化石化した哺乳類においてもっとも特徴的な部位であり、古生物学者達は化石の種類や関係を鑑別するのにしばしば歯を使う。 歯は摂食の際の重要な構造であり、その形は餌のタイプと強く結びついている。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 34477 (xsd:integer)
dbo:wikiPageInterLanguageLink
dbo:wikiPageLength
  • 11508 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81114723 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 内側からのCG画像 (ja)
  • 成年男性の歯 (ja)
  • 内側からのCG画像 (ja)
  • 成年男性の歯 (ja)
prop-ja:dorlands
  • eight/000109449 (ja)
  • eight/000109449 (ja)
prop-ja:dorlandsid
  • Tooth (ja)
  • Tooth (ja)
prop-ja:image
  • Denticao.jpg (ja)
  • Denticao.jpg (ja)
prop-ja:name
  • (ja)
  • (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 歯(は、英: tooth)は、口腔内にある咀嚼するための一番目の器官。 多くの高等動物が持つ。人間は乳歯と永久歯の二組を持つが(二生歯性)、ネズミ目のように一組の歯が伸び続ける動物もいれば(一生歯性)、サメのように、二週間に一組ずつ新しい歯が作られていく動物もいる(多生歯性)。化石化した哺乳類においてもっとも特徴的な部位であり、古生物学者達は化石の種類や関係を鑑別するのにしばしば歯を使う。 歯は摂食の際の重要な構造であり、その形は餌のタイプと強く結びついている。 (ja)
  • 歯(は、英: tooth)は、口腔内にある咀嚼するための一番目の器官。 多くの高等動物が持つ。人間は乳歯と永久歯の二組を持つが(二生歯性)、ネズミ目のように一組の歯が伸び続ける動物もいれば(一生歯性)、サメのように、二週間に一組ずつ新しい歯が作られていく動物もいる(多生歯性)。化石化した哺乳類においてもっとも特徴的な部位であり、古生物学者達は化石の種類や関係を鑑別するのにしばしば歯を使う。 歯は摂食の際の重要な構造であり、その形は餌のタイプと強く結びついている。 (ja)
rdfs:label
  • (ja)
  • (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:type of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:supplies of
is prop-ja:専門分野 of
is foaf:primaryTopic of