Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 武 基雄(たけ もとお、1910年 - 2005年10月8日)は、日本の建築家。早稲田大学名誉教授。武建築設計研究所を主宰し、多くの優れた建築作品を残す。元新建築家技術者集団代表幹事。鎌倉彫の武登苑は夫人。日本画家福永晴帆は義父。長崎市生まれ。1937年 早稲田大学理工学部建築学科卒。1937年から1940年の間石本喜久治の石本建築事務所勤務。同僚の立原道造、海老原一郎、西山卯三らや、立原の友人丹下健三らと知己になる。1940年から1979年まで、早稲田大学で教鞭をとる。藤井博巳、菊竹清訓ら多くの俊英を育てる。戦災復興都市計画では、吉阪隆正らと主に広島県呉市を担当。1950年、建築設計事務所・武建築設計研究所を開設。主な作品に長崎水族館、長崎市公会堂と古川市民会館(宮城県。現大崎市民会館)(DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築)、島原文化会館、諫早市民センター、島原図書館、鎌倉商工会議所会館、など多数。著書に、『現代木造住宅のディテール 基本と応用』(監修) 、『市民としての建築家』(相模書房/1983) 、『都市は「ふるさと」か』(F.レンツ=ローマイス著 伊藤哲夫と共訳 鹿島出版会/SD選書 1978)など。
dbpedia-owl:almaMater
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:significantBuilding
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2100852 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1293 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59042485 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
prop-ja:birthDate
  • 1910 (xsd:integer)
prop-ja:birthPlace
  • 長崎県長崎市磨屋町
prop-ja:deathDate
  • --10-08
prop-ja:deathPlace
  • 神奈川県藤沢市
prop-ja:name
  • (たけ もとお)
  • 武 基雄
prop-ja:practiceName
  • 早稲田大学
  • 石本建築事務所
  • 武建築設計研究所
prop-ja:significantBuildings
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 武 基雄(たけ もとお、1910年 - 2005年10月8日)は、日本の建築家。早稲田大学名誉教授。武建築設計研究所を主宰し、多くの優れた建築作品を残す。元新建築家技術者集団代表幹事。鎌倉彫の武登苑は夫人。日本画家福永晴帆は義父。長崎市生まれ。1937年 早稲田大学理工学部建築学科卒。1937年から1940年の間石本喜久治の石本建築事務所勤務。同僚の立原道造、海老原一郎、西山卯三らや、立原の友人丹下健三らと知己になる。1940年から1979年まで、早稲田大学で教鞭をとる。藤井博巳、菊竹清訓ら多くの俊英を育てる。戦災復興都市計画では、吉阪隆正らと主に広島県呉市を担当。1950年、建築設計事務所・武建築設計研究所を開設。主な作品に長崎水族館、長崎市公会堂と古川市民会館(宮城県。現大崎市民会館)(DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築)、島原文化会館、諫早市民センター、島原図書館、鎌倉商工会議所会館、など多数。著書に、『現代木造住宅のディテール 基本と応用』(監修) 、『市民としての建築家』(相模書房/1983) 、『都市は「ふるさと」か』(F.レンツ=ローマイス著 伊藤哲夫と共訳 鹿島出版会/SD選書 1978)など。
rdfs:label
  • 武基雄
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 早稲田大学
  • 石本建築事務所
  • (たけ もとお)
  • 武 基雄
  • 武建築設計研究所
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of