Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 正面跳び(しょうめんとび)は、陸上競技の走高跳における跳躍の仕方の一種。はさみ跳びともいう。ハードルを越える動作に近い。バーに対して垂直に助走し、ハードルを跳び越える際と同様に足を大きく開いて飛び上がり、さらに上体を捻ったり倒したりする。バーを越える時、体は横を向き、上体は前屈あるいは横(進行方向に対して後ろ)に傾く。最も初歩的で古くから用いられていた跳躍法。ベリーロールの登場により影が薄まり、現在は背面跳びの登場によって完全に過去の跳躍法となっている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 838760 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 345 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 7 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 25867605 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 正面跳び(しょうめんとび)は、陸上競技の走高跳における跳躍の仕方の一種。はさみ跳びともいう。ハードルを越える動作に近い。バーに対して垂直に助走し、ハードルを跳び越える際と同様に足を大きく開いて飛び上がり、さらに上体を捻ったり倒したりする。バーを越える時、体は横を向き、上体は前屈あるいは横(進行方向に対して後ろ)に傾く。最も初歩的で古くから用いられていた跳躍法。ベリーロールの登場により影が薄まり、現在は背面跳びの登場によって完全に過去の跳躍法となっている。
rdfs:label
  • 正面跳び
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of