Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 正親町 公蔭(おおぎまち きんかげ)は鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての公卿。正二位権大納言。権大納言正親町実明の子として生まれるが、京極為兼の養子となり、京極家の後継者と目されていた。しかし、為兼の失脚により正親町家を継いだ。後期京極派の歌人として活躍。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2959045 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3824 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 178 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57440944 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
  • 公蔭、慈能、他女子(正親町実明#系譜参照)
prop-ja:
prop-ja:
  • 忠季、実文、弁耀、徽安門院一条
prop-ja:官位
  • 正二位権大納言
prop-ja:改名
  • 京極忠兼→小倉実寛→正親町公蔭→空靜(法号)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --10-19
prop-ja:氏名
  • 正親町公蔭
prop-ja:氏族
  • 藤原北家閑院流正親町家 → 藤原北家御子左流京極家 → 小倉家 → 藤原北家閑院流正親町家
prop-ja:父母
  • 父:正親町実明、母:藤原兼嗣の娘
  • 養父:京極為兼、小倉公雄
prop-ja:生誕
  • 永仁5年(1297年)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 正親町 公蔭(おおぎまち きんかげ)は鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての公卿。正二位権大納言。権大納言正親町実明の子として生まれるが、京極為兼の養子となり、京極家の後継者と目されていた。しかし、為兼の失脚により正親町家を継いだ。後期京極派の歌人として活躍。
rdfs:label
  • 正親町公蔭
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is foaf:primaryTopic of