Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 正親町三条実躬(おおぎまちさんじょうさねみ、文永元年(1264年) - ?)は、鎌倉時代の公卿。正親町三条公貫(きんつら)の三男。母は藤原為経の娘。兄に正親町三条実仲、子に正親町三条公秀がいる。1298年(永仁6年)に参議、1316年(正和5年)に権大納言に任じられたが、翌1317年(正和6年)に出家し、法名を実円と号した。日記「実躬卿記」を著している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 716303 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 782 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56713755 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 正親町三条実躬(おおぎまちさんじょうさねみ、文永元年(1264年) - ?)は、鎌倉時代の公卿。正親町三条公貫(きんつら)の三男。母は藤原為経の娘。兄に正親町三条実仲、子に正親町三条公秀がいる。1298年(永仁6年)に参議、1316年(正和5年)に権大納言に任じられたが、翌1317年(正和6年)に出家し、法名を実円と号した。日記「実躬卿記」を著している。
rdfs:label
  • 正親町三条実躬
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of