Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 数学、特に線型代数学並びに関数解析学において正規直交系(せいきちょっこうけい、英: orthonormal system)とは、互いに直交して内積が 0 であり、かつその大きさが規格化されて 1 であるベクトルの集まり。ONSとも表される。特に、正規直交系が完全系(任意のベクトルが正規直交系によって展開可能)である場合には、完全正規直交系(英: complete orthonormal system)または正規直交基底と呼ばれ、CONSと表される。ヒルベルト空間論の基礎的な概念であるとともに、正規直交系に基づく展開原理は物理学、工学への応用において重要となる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2557816 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6016 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 41 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55957101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 数学、特に線型代数学並びに関数解析学において正規直交系(せいきちょっこうけい、英: orthonormal system)とは、互いに直交して内積が 0 であり、かつその大きさが規格化されて 1 であるベクトルの集まり。ONSとも表される。特に、正規直交系が完全系(任意のベクトルが正規直交系によって展開可能)である場合には、完全正規直交系(英: complete orthonormal system)または正規直交基底と呼ばれ、CONSと表される。ヒルベルト空間論の基礎的な概念であるとともに、正規直交系に基づく展開原理は物理学、工学への応用において重要となる。
rdfs:label
  • 正規直交系
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of