Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 正統派マルクス主義または正統的マルクス主義 (英語: Orthodox Marxism)は、マルクス主義の1種を指して使われている用語で、カール・マルクスの死後に発生し、第一次世界大戦までの第二インターナショナルにおいて公式哲学としての役割を演じた。正統派マルクス主義とは単純には、把握された曖昧さや矛盾を排除した、マルクスの思想の成文化と体系化であり、「マルクス主義の法皇」と呼ばれたドイツ社会民主党のカール・カウツキーの影響力が大きかった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2223561 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2537 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 65 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52551820 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 正統派マルクス主義または正統的マルクス主義 (英語: Orthodox Marxism)は、マルクス主義の1種を指して使われている用語で、カール・マルクスの死後に発生し、第一次世界大戦までの第二インターナショナルにおいて公式哲学としての役割を演じた。正統派マルクス主義とは単純には、把握された曖昧さや矛盾を排除した、マルクスの思想の成文化と体系化であり、「マルクス主義の法皇」と呼ばれたドイツ社会民主党のカール・カウツキーの影響力が大きかった。
rdfs:label
  • 正統派マルクス主義
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of