Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 正書法(せいしょほう、Orthography)とは、言語を文字で正しく記述する際のルールの集合のことである。「正書法」を示す英語のOrthographyは、ギリシア語のορθός(orthos、「正しい」)とγραφή(graphe、「書くこと」)から来ている。現在では、スペリング、句読点などの約物の打ち方、大文字・小文字の使い分けなども含んだ意味となっている。正書法はタイポグラフィとは別個のものである。文字記号音節文字アルファベットアブジャド(abjad)アブギダ(abugida)記述のルールと要素綴り字(スペリング) - どの文字をどの音または意味や文法的機能に当てるかという規則仮名遣い歴史的仮名遣現代仮名遣い約物校合大文字・小文字ダイアクリティカルマーク合字筆順永字八法部首
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 378458 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1241 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57232217 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 正書法(せいしょほう、Orthography)とは、言語を文字で正しく記述する際のルールの集合のことである。「正書法」を示す英語のOrthographyは、ギリシア語のορθός(orthos、「正しい」)とγραφή(graphe、「書くこと」)から来ている。現在では、スペリング、句読点などの約物の打ち方、大文字・小文字の使い分けなども含んだ意味となっている。正書法はタイポグラフィとは別個のものである。文字記号音節文字アルファベットアブジャド(abjad)アブギダ(abugida)記述のルールと要素綴り字(スペリング) - どの文字をどの音または意味や文法的機能に当てるかという規則仮名遣い歴史的仮名遣現代仮名遣い約物校合大文字・小文字ダイアクリティカルマーク合字筆順永字八法部首
rdfs:label
  • 正書法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of