Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 正午(しょうご)とは、天球上を一定の速さで動くと考えた平均太陽が地平線より上で子午線を通過(正中:南中または北中)する時刻をいう。昼の12時(0時)を指す。真昼(まひる)や正午台(しょうごだい)ともいう。実際の太陽は、天球上を一定の速さでは動かない(均時差がある)ため、常に正午に子午線を通過するわけではない。また、経度が異なると平均太陽が南中する時点が異なるが、近代以降は通常は標準時が定められている地域(等時帯)ごとに標準子午線を平均太陽が通過する時刻が正午である。日本での標準子午線は兵庫県明石市を通る東経135度線である。対義語で、太陽が地平線下の子午線を通過する時刻は、正子(しょうし。子(ね)の刻の中間)、子夜(しや)、真夜中、夜の12時(0時)などという。天文学では、夜間の観測中に日付が変わるのは不便であるので、1日の始まりを正午とする時刻系を用いていた。これを「天文時」といい、これに対して、真夜中(正子)に日付が変わる時刻系を「常用時」と呼んでいた。天文時はクラウディオス・プトレマイオスの創始以来、使われ続けてきたが、1925年1月1日からは、天文学でも常用時を用いることになった。詳細は、グリニッジ標準時#天文時の廃止を参照のこと。ただし、ユリウス日における日の始まりは、1925年以降も正午であることに注意すべきである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 22797 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3011 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54409649 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 正午(しょうご)とは、天球上を一定の速さで動くと考えた平均太陽が地平線より上で子午線を通過(正中:南中または北中)する時刻をいう。昼の12時(0時)を指す。真昼(まひる)や正午台(しょうごだい)ともいう。実際の太陽は、天球上を一定の速さでは動かない(均時差がある)ため、常に正午に子午線を通過するわけではない。また、経度が異なると平均太陽が南中する時点が異なるが、近代以降は通常は標準時が定められている地域(等時帯)ごとに標準子午線を平均太陽が通過する時刻が正午である。日本での標準子午線は兵庫県明石市を通る東経135度線である。対義語で、太陽が地平線下の子午線を通過する時刻は、正子(しょうし。子(ね)の刻の中間)、子夜(しや)、真夜中、夜の12時(0時)などという。天文学では、夜間の観測中に日付が変わるのは不便であるので、1日の始まりを正午とする時刻系を用いていた。これを「天文時」といい、これに対して、真夜中(正子)に日付が変わる時刻系を「常用時」と呼んでいた。天文時はクラウディオス・プトレマイオスの創始以来、使われ続けてきたが、1925年1月1日からは、天文学でも常用時を用いることになった。詳細は、グリニッジ標準時#天文時の廃止を参照のこと。ただし、ユリウス日における日の始まりは、1925年以降も正午であることに注意すべきである。
rdfs:label
  • 正午
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of