Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 欧陽 通(おうよう とう、? - 691年)は、中国初唐の書家。欧陽詢の子で、高宗の儀鳳(676年 - 679年)中、官は中書舍人になった。その後、累進して、武則天の天授2年(691年)には司礼卿・判納言事となり、宰相の列に加わったが、間もなく張嘉福らが武承嗣を立てて皇太子にしたことに反対したため、武后の怒りに触れて誅殺された。官爵(官職と爵位)は、神龍2年(706年)に追復されている。父の欧陽詢を大欧陽、欧陽通を小欧陽と称される。幼少の時、父を失ったので、母の徐氏から書法を授けられ、その家学を継承した。遺存する作品は、『道因法師碑』(どういんほうしひ)と『泉男生墓誌銘』(せんだんせいぼしめい)のみである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1361037 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1112 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48425940 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 欧陽 通(おうよう とう、? - 691年)は、中国初唐の書家。欧陽詢の子で、高宗の儀鳳(676年 - 679年)中、官は中書舍人になった。その後、累進して、武則天の天授2年(691年)には司礼卿・判納言事となり、宰相の列に加わったが、間もなく張嘉福らが武承嗣を立てて皇太子にしたことに反対したため、武后の怒りに触れて誅殺された。官爵(官職と爵位)は、神龍2年(706年)に追復されている。父の欧陽詢を大欧陽、欧陽通を小欧陽と称される。幼少の時、父を失ったので、母の徐氏から書法を授けられ、その家学を継承した。遺存する作品は、『道因法師碑』(どういんほうしひ)と『泉男生墓誌銘』(せんだんせいぼしめい)のみである。
rdfs:label
  • 欧陽通
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of