Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ニトロキシル(HNO/NO-)は、一酸化窒素(NO)の還元形である。HNOとNO-は酸塩基の関係(pKa = 11.4) にある。ニトロキシルはチオールのような求核剤に対して非常に反応性が高く、速やかに二量体化して次亜硝酸(じあしょうさん、hyponitrous acid)に、脱水して亜酸化窒素となる。したがって、硝酸は一般にアンジェリー塩(Na2N2O3)やピロティ酸(PhSO2NHOH)などによって合成される。ニトロシルには心臓麻痺の治療に使える可能性があり、現在の研究では新しいニトロシルドナーの模索が行われている。研究の一つに、酢酸鉛(IV)によるシクロヘキサノンオキシムの有機酸化での酢酸-1-ニトロソシクロヘキシルの合成がある。酢酸ニトロソシクロヘキシルこの化合物は、リン酸塩の緩衝剤による塩基性条件下で、ニトロシル HNO、酢酸、シクロヘキサノンに加水分解できる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 161441 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1345 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46684843 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • [57215-35-7]
prop-ja:iupac名
  • N-ヒドロキシ硝酸アミド
  • 次亜硝酸
prop-ja:name
  • 次亜硝酸
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:式量
  • 62.030000 (xsd:double)
prop-ja:形状
  • 無色の結晶
prop-ja:画像
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:組成式
  • H2N2O2
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ニトロキシル(HNO/NO-)は、一酸化窒素(NO)の還元形である。HNOとNO-は酸塩基の関係(pKa = 11.4) にある。ニトロキシルはチオールのような求核剤に対して非常に反応性が高く、速やかに二量体化して次亜硝酸(じあしょうさん、hyponitrous acid)に、脱水して亜酸化窒素となる。したがって、硝酸は一般にアンジェリー塩(Na2N2O3)やピロティ酸(PhSO2NHOH)などによって合成される。ニトロシルには心臓麻痺の治療に使える可能性があり、現在の研究では新しいニトロシルドナーの模索が行われている。研究の一つに、酢酸鉛(IV)によるシクロヘキサノンオキシムの有機酸化での酢酸-1-ニトロソシクロヘキシルの合成がある。酢酸ニトロソシクロヘキシルこの化合物は、リン酸塩の緩衝剤による塩基性条件下で、ニトロシル HNO、酢酸、シクロヘキサノンに加水分解できる。
rdfs:label
  • 次亜硝酸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of