Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 次亜塩素酸ナトリウム(じあえんそさんナトリウム、sodium hypochlorite)は次亜塩素酸のナトリウム塩である。化学式は NaClO で、次亜塩素酸ソーダとも呼ばれる。希釈された水溶液はアンチホルミンとも呼ばれる。水溶液はアルカリ性を示す。水酸化ナトリウムの水溶液に塩素を通じて得られる。不安定なため、通常は水溶液として貯蔵、使用される。水溶液は安定で長期保存が可能だが、時間と共に自然分解し酸素を放って塩化ナトリウム水溶液に変化していく。また、不均化も発生する。高濃度の状態ほど分解されやすく、低濃度になると下がりにくくなる。高温や紫外線等で分解が促進されるため、常温保存では濃度維持が難しい。2NaOH + Cl2 → NaCl + NaClO + H2O特異な臭気(プールや漂白剤の臭い)を有し、酸化作用、漂白作用、殺菌作用がある。生成方法としては、上記の反応のほかに、海水を電気分解する方法もある。この方法は主に、臨海にある工場施設において用いられ、配水管などに海洋生物が付着するのを防ぐために使われる。2008年度日本国内生産量(12%換算)は 963,878t、消費量は 31,662t である。
dbpedia-owl:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 15570 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5038 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 67 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59185961 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Sodium-hypochlorite.png
prop-ja:imagename
  • Sodium hypochlorite
prop-ja:imagesize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • 次亜塩素酸ナトリウム
prop-ja:othernames
  • Sodium chlorate
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 次亜塩素酸ナトリウム(じあえんそさんナトリウム、sodium hypochlorite)は次亜塩素酸のナトリウム塩である。化学式は NaClO で、次亜塩素酸ソーダとも呼ばれる。希釈された水溶液はアンチホルミンとも呼ばれる。水溶液はアルカリ性を示す。水酸化ナトリウムの水溶液に塩素を通じて得られる。不安定なため、通常は水溶液として貯蔵、使用される。水溶液は安定で長期保存が可能だが、時間と共に自然分解し酸素を放って塩化ナトリウム水溶液に変化していく。また、不均化も発生する。高濃度の状態ほど分解されやすく、低濃度になると下がりにくくなる。高温や紫外線等で分解が促進されるため、常温保存では濃度維持が難しい。2NaOH + Cl2 → NaCl + NaClO + H2O特異な臭気(プールや漂白剤の臭い)を有し、酸化作用、漂白作用、殺菌作用がある。生成方法としては、上記の反応のほかに、海水を電気分解する方法もある。この方法は主に、臨海にある工場施設において用いられ、配水管などに海洋生物が付着するのを防ぐために使われる。2008年度日本国内生産量(12%換算)は 963,878t、消費量は 31,662t である。
rdfs:label
  • 次亜塩素酸ナトリウム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 次亜塩素酸ナトリウム
  • Sodium chlorate(I)
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:専用種別 of
is foaf:primaryTopic of