Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 檀 道済(たん どうせい、? - 436年3月)、東晋末から宋初頭にかけての武将。高平郡金郷の人。宋の建国者である劉裕に仕え、宋第2代皇帝・少帝の後見になったが、のちにその武名を恐れた文帝によって殺害された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 112514 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1918 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 41 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56423438 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 檀 道済(たん どうせい、? - 436年3月)、東晋末から宋初頭にかけての武将。高平郡金郷の人。宋の建国者である劉裕に仕え、宋第2代皇帝・少帝の後見になったが、のちにその武名を恐れた文帝によって殺害された。
rdfs:label
  • 檀道済
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of