Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 機械的コンプライアンス(きかいてきコンプライアンス、英語: mechanical compliance)は、物体の伸縮性・可塑性を定量化した物理量であり、バネ定数の逆数。機械コンプライアンス、単にコンプライアンスとも。単位はメートル毎ニュートン (m/N)。電気機械音響類似では静電容量にあたる。同様にインピーダンスにあたる量に機械的インピーダンスがあり、インピーダンスの公式と同様の 1 / i ω CM(i: 虚数単位、ω: 角速度、CM: 機械的コンプライアンス)で表される。カンチレバーのように、固定方法が剛結ではなく入力に対しある程度の変形・変位を許す構造において、物理的な変化・応答を立方メートル毎ニュートン(cgs単位系では立方センチメートル毎ダイン)で示す。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2233215 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1044 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47487049 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --01-01
prop-ja:title
  • コンプライアンスと面積の積?
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 機械的コンプライアンス(きかいてきコンプライアンス、英語: mechanical compliance)は、物体の伸縮性・可塑性を定量化した物理量であり、バネ定数の逆数。機械コンプライアンス、単にコンプライアンスとも。単位はメートル毎ニュートン (m/N)。電気機械音響類似では静電容量にあたる。同様にインピーダンスにあたる量に機械的インピーダンスがあり、インピーダンスの公式と同様の 1 / i ω CM(i: 虚数単位、ω: 角速度、CM: 機械的コンプライアンス)で表される。カンチレバーのように、固定方法が剛結ではなく入力に対しある程度の変形・変位を許す構造において、物理的な変化・応答を立方メートル毎ニュートン(cgs単位系では立方センチメートル毎ダイン)で示す。
rdfs:label
  • 機械的コンプライアンス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of