『機動戦士ガンダム00』(きどうせんしガンダムダブルオー)は、日本のテレビアニメ、およびそれを原作としたメディアミックス作品群。ハイビジョン制作。作品タイトルの「ダブルオー」の正式表記は「00(数字のゼロ2つ)」で「OO(アルファベットのオー2つ)」は誤りである。 キャッチコピーは「ガンダムによる全戦争行為への武力介入を開始する」(ファーストシーズン)、「その再生を破壊する-」(セカンドシーズン)。 人型の戦闘用ロボット「モビルスーツ」が活躍する戦争を舞台にしたガンダムシリーズ作品の1つで、SDガンダム関連作品を除けば、地上アナログ放送対応作品としてはシリーズ最後である。なお、当時の地上波は既にデジタル放送が主流となっており、この作品も当然地上デジタル放送対応であるため、双方の環境で視聴可能であった。

Property Value
dbo:abstract
  • 『機動戦士ガンダム00』(きどうせんしガンダムダブルオー)は、日本のテレビアニメ、およびそれを原作としたメディアミックス作品群。ハイビジョン制作。作品タイトルの「ダブルオー」の正式表記は「00(数字のゼロ2つ)」で「OO(アルファベットのオー2つ)」は誤りである。 キャッチコピーは「ガンダムによる全戦争行為への武力介入を開始する」(ファーストシーズン)、「その再生を破壊する-」(セカンドシーズン)。 人型の戦闘用ロボット「モビルスーツ」が活躍する戦争を舞台にしたガンダムシリーズ作品の1つで、SDガンダム関連作品を除けば、地上アナログ放送対応作品としてはシリーズ最後である。なお、当時の地上波は既にデジタル放送が主流となっており、この作品も当然地上デジタル放送対応であるため、双方の環境で視聴可能であった。 (ja)
  • 『機動戦士ガンダム00』(きどうせんしガンダムダブルオー)は、日本のテレビアニメ、およびそれを原作としたメディアミックス作品群。ハイビジョン制作。作品タイトルの「ダブルオー」の正式表記は「00(数字のゼロ2つ)」で「OO(アルファベットのオー2つ)」は誤りである。 キャッチコピーは「ガンダムによる全戦争行為への武力介入を開始する」(ファーストシーズン)、「その再生を破壊する-」(セカンドシーズン)。 人型の戦闘用ロボット「モビルスーツ」が活躍する戦争を舞台にしたガンダムシリーズ作品の1つで、SDガンダム関連作品を除けば、地上アナログ放送対応作品としてはシリーズ最後である。なお、当時の地上波は既にデジタル放送が主流となっており、この作品も当然地上デジタル放送対応であるため、双方の環境で視聴可能であった。 (ja)
dbo:creator
dbo:director
dbo:genre
dbo:musicComposer
dbo:productionCompany
dbo:publisher
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1733135 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 59697 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81277546 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbo:writer
prop-ja:2前番組
  • (2007年4月 - 9月) (ja)
  • 地球へ… (ja)
  • (2007年4月 - 9月) (ja)
  • 地球へ… (ja)
prop-ja:2放送局
  • TBS系列 (ja)
  • TBS系列 (ja)
prop-ja:2放送枠
  • 1080.0
prop-ja:2次番組
prop-ja:2番組名
  • 【本番組まで毎日放送製作】 (ja)
  • 機動戦士ガンダム00 (ja)
  • (ファーストシーズン) (ja)
  • 【本番組まで毎日放送製作】 (ja)
  • 機動戦士ガンダム00 (ja)
  • (ファーストシーズン) (ja)
prop-ja:3前番組
prop-ja:3放送局
  • 毎日放送製作・TBS系列 (ja)
  • 毎日放送製作・TBS系列 (ja)
prop-ja:3放送枠
prop-ja:3次番組
prop-ja:3番組名
  • --10-05
  • 機動戦士ガンダム00 (ja)
  • (セカンドシーズン) (ja)
prop-ja:date
  • 2018 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アニメーション制作
prop-ja:イラスト
  • 米山浩平、柳瀬敬之、羽音たらく (ja)
  • 鷲尾直広、海老川兼武 (ja)
  • 米山浩平、柳瀬敬之、羽音たらく (ja)
  • 鷲尾直広、海老川兼武 (ja)
prop-ja:ウィキプロジェクト
prop-ja:ウィキポータル
prop-ja:キャラクターデザイン
prop-ja:ゲームジャンル
prop-ja:シリーズ構成
prop-ja:ジャンル
prop-ja:タイトル
  • 機動戦士ガンダム00 (ja)
  • 機動戦士ガンダム00(しぐま 太朗版) (ja)
  • 機動戦士ガンダム00 ガンダムマイスターズ (ja)
  • 機動戦士ガンダム00 アナザーストーリー (ja)
  • 機動戦士ガンダム00(ニンテンドーDS版) (ja)
  • 機動戦士ガンダム00(大森倖三版) (ja)
  • 機動戦士ガンダム00(田口央斗版) (ja)
  • 機動戦士ガンダム00(高河ゆん版) (ja)
  • 機動戦士ガンダム00 (ja)
  • 機動戦士ガンダム00(しぐま 太朗版) (ja)
  • 機動戦士ガンダム00 ガンダムマイスターズ (ja)
  • 機動戦士ガンダム00 アナザーストーリー (ja)
  • 機動戦士ガンダム00(ニンテンドーDS版) (ja)
  • 機動戦士ガンダム00(大森倖三版) (ja)
  • 機動戦士ガンダム00(田口央斗版) (ja)
  • 機動戦士ガンダム00(高河ゆん版) (ja)
prop-ja:プレイ人数
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:メカニックデザイン
prop-ja:メディア
  • ドラマCD (ja)
  • ドラマCD (ja)
prop-ja:レーベル
prop-ja:作者
prop-ja:出版社
prop-ja:前番組
prop-ja:原作
prop-ja:対応機種
prop-ja:巻数
  • 1 (xsd:integer)
  • 全1巻 (ja)
prop-ja:掲載誌
prop-ja:放送局
prop-ja:放送枠
prop-ja:放送終了
  • --01-02
  • --01-09
  • --03-29
  • --06-29
  • --07-25
  • --09-06
  • --10-05
  • --11-24
  • セカンドシーズン: (ja)
prop-ja:放送開始
  • --10-06
  • ファーストシーズン: (ja)
prop-ja:枚数
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:次番組
  • 廃枠 (ja)
  • 廃枠 (ja)
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:番組名
  • (2007年10月 - 2008年3月) (ja)
  • 機動戦士ガンダム00 (ja)
  • (ファーストシーズン) (ja)
  • (2007年10月 - 2008年3月) (ja)
  • 機動戦士ガンダム00 (ja)
  • (ファーストシーズン) (ja)
prop-ja:発売元
prop-ja:発売日
  • --03-27
  • --10-16
prop-ja:監督
prop-ja:範囲
  • 出力の割に小型化が容易であり、排熱量の低さから隠密性にも優れる (ja)
  • この監視者達はCB崩壊までにリボンズによって全員抹殺されたが (ja)
  • オリジナルの太陽炉から生成されたGN粒子は脳量子波の伝達にも影響し、『2nd』に登場するダブルオーライザーのトランザム発動時には高濃度の粒子が空間に満ちることによって、通常の人間にも脳量子波による交信が可能となった。また、人体にも影響を及ぼし、悪性のGN粒子に侵された人間の体を回復させたり、人類をイノベイターへと進化させる力も秘めている (ja)
  • さらに、トランザム中にツインドライヴシステムによって散布される膨大なGN粒子が、純粋種のイノベイターの放つ脳量子波によって限界まで純度が高められたとき、ツインドライヴシステムの中に隠された真のシステムが発動する。システム名はモニターに表示された「TRANS-AM BURST」の文字から「トランザムバースト」と呼称される。この状態では2基のGNドライヴは通常の7倍以上の粒子放出を行い、さらにモビルスーツを吹き飛ばすなど物理的な影響が出るほどの粒子量を可能とする。また、意識共有の深度も高まり、本当の意味でお互いを理解する「対話」を可能とした。なお、その際にはGN粒子が虹色の光を放ち、この状態のGN粒子を浴びたものは毒性を持ったGN粒子による細胞異常を回復させたり、イノベイター化を促すなど、人間の潜在能力・治癒能力を引き出す能力もあるとされる(実際はイオリア・シュヘンベルグの計画はこちらこそが主目的) (ja)
  • 『劇場版』で当初40年近くかかるとされた製造期間が2年間という短期間ですんだのは、トランザムにより木星までの往復時間が格段に短くなり、以前の製造施設や開発ノウハウを利用できたためである。 (ja)
  • このため、武装の破壊力や射程・GNフィールドの出力・機体の最大推力等で往々にオリジナルを凌駕するパワーを実現することができる (ja)
  • システムの解析によってプトレマイオス2もトランザムが可能であり、非常に大きな時間的制約を受けるが、ガンダムを搭載せずに艦単独でのトランザムも可能となっている。 (ja)
  • このシステムの有効範囲を大幅に拡張させたトライアルフィールドを展開可能で (ja)
  • 質量操作や衝撃軽減等にて防御にも使用 (ja)
  • しかし、この戦闘で地球を守るためとはいえあまりにこの自爆を使用するパイロットが多かったため、後に開発されるMSには搭載しないことが決定された。 (ja)
  • GN粒子生成方法として最初に開発されたのはこちらであり、より完成度を高めた物がオリジナルのGNドライヴである。GNドライヴ[T]は、CB離反組が機密保持のために破棄された木星のCB施設より回収したデータを基に作り上げた代物である。 (ja)
  • これは、イオリアがガンダムマイスターの離反、あるいは太陽炉の奪取による計画の崩壊を防ぐために用意した一種のカウンターで、メインターゲットである対ガンダム戦では圧倒的な優位を生み出すことが可能である (ja)
  • 機体の量子化や付近の宙域では意識の共有が起きる。これは脳量子波の有無に関係なく発生する現象で、言葉ではない「対話」を実現させるなどの本来、開発者のイアン達が想定していない超常的な現象を引き起こした (ja)
  • 出力の割に小型化が容易であり、排熱量の低さから隠密性にも優れる (ja)
  • この監視者達はCB崩壊までにリボンズによって全員抹殺されたが (ja)
  • オリジナルの太陽炉から生成されたGN粒子は脳量子波の伝達にも影響し、『2nd』に登場するダブルオーライザーのトランザム発動時には高濃度の粒子が空間に満ちることによって、通常の人間にも脳量子波による交信が可能となった。また、人体にも影響を及ぼし、悪性のGN粒子に侵された人間の体を回復させたり、人類をイノベイターへと進化させる力も秘めている (ja)
  • さらに、トランザム中にツインドライヴシステムによって散布される膨大なGN粒子が、純粋種のイノベイターの放つ脳量子波によって限界まで純度が高められたとき、ツインドライヴシステムの中に隠された真のシステムが発動する。システム名はモニターに表示された「TRANS-AM BURST」の文字から「トランザムバースト」と呼称される。この状態では2基のGNドライヴは通常の7倍以上の粒子放出を行い、さらにモビルスーツを吹き飛ばすなど物理的な影響が出るほどの粒子量を可能とする。また、意識共有の深度も高まり、本当の意味でお互いを理解する「対話」を可能とした。なお、その際にはGN粒子が虹色の光を放ち、この状態のGN粒子を浴びたものは毒性を持ったGN粒子による細胞異常を回復させたり、イノベイター化を促すなど、人間の潜在能力・治癒能力を引き出す能力もあるとされる(実際はイオリア・シュヘンベルグの計画はこちらこそが主目的) (ja)
  • 『劇場版』で当初40年近くかかるとされた製造期間が2年間という短期間ですんだのは、トランザムにより木星までの往復時間が格段に短くなり、以前の製造施設や開発ノウハウを利用できたためである。 (ja)
  • このため、武装の破壊力や射程・GNフィールドの出力・機体の最大推力等で往々にオリジナルを凌駕するパワーを実現することができる (ja)
  • システムの解析によってプトレマイオス2もトランザムが可能であり、非常に大きな時間的制約を受けるが、ガンダムを搭載せずに艦単独でのトランザムも可能となっている。 (ja)
  • このシステムの有効範囲を大幅に拡張させたトライアルフィールドを展開可能で (ja)
  • 質量操作や衝撃軽減等にて防御にも使用 (ja)
  • しかし、この戦闘で地球を守るためとはいえあまりにこの自爆を使用するパイロットが多かったため、後に開発されるMSには搭載しないことが決定された。 (ja)
  • GN粒子生成方法として最初に開発されたのはこちらであり、より完成度を高めた物がオリジナルのGNドライヴである。GNドライヴ[T]は、CB離反組が機密保持のために破棄された木星のCB施設より回収したデータを基に作り上げた代物である。 (ja)
  • これは、イオリアがガンダムマイスターの離反、あるいは太陽炉の奪取による計画の崩壊を防ぐために用意した一種のカウンターで、メインターゲットである対ガンダム戦では圧倒的な優位を生み出すことが可能である (ja)
  • 機体の量子化や付近の宙域では意識の共有が起きる。これは脳量子波の有無に関係なく発生する現象で、言葉ではない「対話」を実現させるなどの本来、開発者のイアン達が想定していない超常的な現象を引き起こした (ja)
prop-ja:終了
  • --07-08
prop-ja:終了号
  • 2009 (xsd:integer)
  • 2010 (xsd:integer)
prop-ja:終了日
  • 2009 (xsd:integer)
  • --03-01
prop-ja:脚本
  • 黒田洋介 (ja)
  • 黒田洋介 (ja)
prop-ja:著者
prop-ja:製作
prop-ja:話数
  • 全50話(1st:25話 / 2nd:25話) (ja)
  • 全50話(1st:25話 / 2nd:25話) (ja)
prop-ja:販売元
prop-ja:開始
  • --07-23
prop-ja:開始号
  • 2008 (xsd:integer)
  • --01-01
prop-ja:開始日
  • 2007 (xsd:integer)
  • --04-01
prop-ja:開発元
prop-ja:音楽
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『機動戦士ガンダム00』(きどうせんしガンダムダブルオー)は、日本のテレビアニメ、およびそれを原作としたメディアミックス作品群。ハイビジョン制作。作品タイトルの「ダブルオー」の正式表記は「00(数字のゼロ2つ)」で「OO(アルファベットのオー2つ)」は誤りである。 キャッチコピーは「ガンダムによる全戦争行為への武力介入を開始する」(ファーストシーズン)、「その再生を破壊する-」(セカンドシーズン)。 人型の戦闘用ロボット「モビルスーツ」が活躍する戦争を舞台にしたガンダムシリーズ作品の1つで、SDガンダム関連作品を除けば、地上アナログ放送対応作品としてはシリーズ最後である。なお、当時の地上波は既にデジタル放送が主流となっており、この作品も当然地上デジタル放送対応であるため、双方の環境で視聴可能であった。 (ja)
  • 『機動戦士ガンダム00』(きどうせんしガンダムダブルオー)は、日本のテレビアニメ、およびそれを原作としたメディアミックス作品群。ハイビジョン制作。作品タイトルの「ダブルオー」の正式表記は「00(数字のゼロ2つ)」で「OO(アルファベットのオー2つ)」は誤りである。 キャッチコピーは「ガンダムによる全戦争行為への武力介入を開始する」(ファーストシーズン)、「その再生を破壊する-」(セカンドシーズン)。 人型の戦闘用ロボット「モビルスーツ」が活躍する戦争を舞台にしたガンダムシリーズ作品の1つで、SDガンダム関連作品を除けば、地上アナログ放送対応作品としてはシリーズ最後である。なお、当時の地上波は既にデジタル放送が主流となっており、この作品も当然地上デジタル放送対応であるため、双方の環境で視聴可能であった。 (ja)
rdfs:label
  • 機動戦士ガンダム00 (ja)
  • 機動戦士ガンダム00 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 機動戦士ガンダム00 (ja)
  • 機動戦士ガンダム00 (ja)
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:2次番組 of
is prop-ja:3前番組 of
is prop-ja:前番組 of
is prop-ja:次番組 of
is foaf:primaryTopic of