Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズDX』は、2004年8月にバンダイが発売した、アニメ『機動戦士Ζガンダム』の世界観によるゲームで、開発はカプコンが担当した。前作にあたる『機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズ』に数々の新要素が追加され、ゲームバランスも調整された。略称はΖDXやエウティタDXなど。データ部はDVD-ROMで販売され、システム基板は前作と同一の物となっている。本作は2004年8月13日に1次出荷が行われ、9月7日に2次出荷が行われた。なおロケテストは2004年5月頃から大阪府京橋にあるゲームセンターを皮切りに大阪・東京を中心に複数のゲームセンターで7月頃まで断続的に行われていた。家庭用ゲーム機への移植としては、2004年12月9日に『機動戦士ガンダム ガンダムvs.Ζガンダム』のタイトルでPlayStation 2版とニンテンドーゲームキューブ版が発売された。機種によって多人数対戦の方式が異なる(PS2版は通信対戦、GC版は画面4分割)ほか、アニメ版ストーリーのifを体験できる「宇宙世紀モード」や、『機動戦士ガンダムΖΖ』から主役機『ΖΖガンダム』が参戦するなどの追加要素あり。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 142151 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7390 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 76 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57665879 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズDX』は、2004年8月にバンダイが発売した、アニメ『機動戦士Ζガンダム』の世界観によるゲームで、開発はカプコンが担当した。前作にあたる『機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズ』に数々の新要素が追加され、ゲームバランスも調整された。略称はΖDXやエウティタDXなど。データ部はDVD-ROMで販売され、システム基板は前作と同一の物となっている。本作は2004年8月13日に1次出荷が行われ、9月7日に2次出荷が行われた。なおロケテストは2004年5月頃から大阪府京橋にあるゲームセンターを皮切りに大阪・東京を中心に複数のゲームセンターで7月頃まで断続的に行われていた。家庭用ゲーム機への移植としては、2004年12月9日に『機動戦士ガンダム ガンダムvs.Ζガンダム』のタイトルでPlayStation 2版とニンテンドーゲームキューブ版が発売された。機種によって多人数対戦の方式が異なる(PS2版は通信対戦、GC版は画面4分割)ほか、アニメ版ストーリーのifを体験できる「宇宙世紀モード」や、『機動戦士ガンダムΖΖ』から主役機『ΖΖガンダム』が参戦するなどの追加要素あり。
rdfs:label
  • 機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズDX
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of