Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 橘 道貞(たちばな の みちさだ、生年不詳 - 長和5年4月16日(1016年5月24日))は、平安時代中期の官僚。橘仲任の子。官位は正四位下・陸奥守。和泉守、陸奥守などを歴任した地方官僚でいわゆる受領階級に属する。他に京官として太皇太后宮権大進を務めた。藤原道長の側近で、兄とともに「道」の字を与えられたという。長保5年(1016年)朝卒去。享年不明。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 266884 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 623 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51258951 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 橘 道貞(たちばな の みちさだ、生年不詳 - 長和5年4月16日(1016年5月24日))は、平安時代中期の官僚。橘仲任の子。官位は正四位下・陸奥守。和泉守、陸奥守などを歴任した地方官僚でいわゆる受領階級に属する。他に京官として太皇太后宮権大進を務めた。藤原道長の側近で、兄とともに「道」の字を与えられたという。長保5年(1016年)朝卒去。享年不明。
rdfs:label
  • 橘道貞
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of