Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 橘 以政(たちばな の もちまさ、生没年不詳)は、平安時代末期の官人。筑後守橘以長の子。橘以経・橘以輔・政舜の父。橘氏長者。蔵人・摂津守・筑後守・中宮亮などを歴任し、正四位下に至った。養和元年(1181年)8月に九条兼実の家司となり、文治3年(1187年)7月造興福寺次官となった。仁安元年(1166年)『橘逸勢伝』を撰している。橘氏長者は長子の以経が継承した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1332102 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 427 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51258927 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 橘 以政(たちばな の もちまさ、生没年不詳)は、平安時代末期の官人。筑後守橘以長の子。橘以経・橘以輔・政舜の父。橘氏長者。蔵人・摂津守・筑後守・中宮亮などを歴任し、正四位下に至った。養和元年(1181年)8月に九条兼実の家司となり、文治3年(1187年)7月造興福寺次官となった。仁安元年(1166年)『橘逸勢伝』を撰している。橘氏長者は長子の以経が継承した。
rdfs:label
  • 橘以政
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of